Webライティング

Webライターの月収はいくら?【初心者が月収を上げる方法を解説】

こんにちは、あきはるです。

悩む人
Webライターの月収はどのくらいですか?

初心者からでも稼げるWebライターになる手順を教えてください。

こんな疑問に答えます。

結論として、Webライターは平均年収が約450万円と言われているので、平均月収は約37万円ほどだといえるでしょう。

しかし、Webライターは本業や副業、主婦、学生など、それぞれの働き方によって月収が大きく変わります。

そこで、今回の記事では、Webライターの月収を働き方で分けて丁寧に解説いたします。
あきはる

また、記事の後半では月収を上げていくポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

本記事の内容

  • Webライターの月収の目安
  • Webライターの仕事内容
  • Webライターになる手順
  • Webライターが月収を上げるコツ
本記事の執筆者

あきはる プロフィール
  • Webライティング歴1年以上
  • Webライター初月10万円以上

Twitter(https://twitter.com/akiharu_0309/

それでは、始めていきます。

Webライターの月収はいくら?【働き方別に解説】

Webライターの月収はいくら?【働き方別に解説】

まず、Webライターの月収の目安は、月5万円〜月100万円以上です。

働く人それぞれの状況によって月収が大きく変わるので、ざっくりとした目安をご紹介していきます。

Webライターの月収の目安

  • 正社員:月収20万円〜30万円
  • 副業:月収5万円〜20万円
  • 専業:月収10万円〜100万円以上
  • 主婦:月収5万円〜10万円
  • 学生:月収5万円〜10万円

それぞれ、簡単に解説します。

正社員Webライター:月収20万円〜30万円

会社に勤めて正社員でWebライターをする場合は、月収20万円〜30万円ほどです。

日本人会社員の平均月収も月20万円〜30万円ほどなので、一般的な月給だといえるでしょう。

正社員でWebライターをやるメリットとしては、

  • 安定した月収を稼げること
  • 先輩に記事を添削してもらえること
  • 確かなスキルアップに繋がること

あたりです。

安定しながらスキルアップがしたい方は、転職して正社員Webライターになるのもありですね。
あきはる

転職エージェントに登録して、求人をチェックしてみましょう。

【無料】おすすめ転職エージェント

副業Webライター:月収5万円〜20万円

副業でWebライターをやる場合の月収は5万円〜20万円ほどです。

本業の収入と合わせると、月収50万円〜100万円ほどになる人もいるでしょう。
あきはる

実は、Webライターとして転職したり、フリーランスになる人も最初は副業からWebライターを始めていることがほとんどです。

これから独立、転職を考えている人はまずは副業で月収5万円を目指してみましょう。

専業Webライター:月収10万円〜100万円以上

フリーランスなどの専業Webライターは、月収10万円〜100万円以上です。

とはいえ、大半のWebライターは月収10万円〜月収50万円ほどですね。
あきはる

専業ライターが月収50万円以上を稼ぐには、

  1. 専門性を磨いて高単価ライター
  2. Webライターを束ねる編集者になる

という、2パターンのどちらかを目指す必要があります。

金融系、医療系、不動産系などの高単価ジャンルの専門知識を身につけて、文字単価5.0円〜10.0円の高単価ライターになることもおすすめです。

また、Webメディア全体の売上に貢献する知識を身につければ、Webライター束ねる編集者になると月収が高くなりますよ。

主婦Webライター:月収5万円〜20万円

専業主婦の方が家事や子育てをしながら、Webライターをやる場合の月収は5万円〜20万円ほどです。

Webライターは完全在宅で仕事ができるため、主婦の方にもぴったりの職業だといえるでしょう。

また、働く時間に応じて、収入を上げていける点も魅力的ですよね。
あきはる

主婦がWebライターとして稼ぐ具体的な方法は以下の記事で解説しています。

学生Webライター:月収5万円〜20万円

学生がアルバイトの代わりに、Webライターをやる場合は月収5万円〜20万円ほどです。

Webライターはアルバイトよりも時給を高くしやすいので、学生はアルバイトをやるよりも、Webライターをやった方がよりお金を稼ぐことができます。

Webライターは時給2,000円も目指せるので、効率よく稼げますよ。
あきはる

高校生がWebライターとして稼ぐ具体的な方法は以下の記事で解説しております。

また、大学生向けのWebライターの稼ぎ方は、以下の記事です。併せてご覧ください。

以上が、働き方別のWebライターの月収の目安でした。

Webライターの月収はどうやって決まるの?

Webライターの月収はどうやって決まるの?

次は、Webライターの月収の計算方法と、仕事の内容をご紹介いたします。

Webライターの月収の計算方法

まず、Webライターの月収は、以下の計算式によって算出することができます。

Webライターの月収計算式

【文字単価】×【1ヶ月で執筆した文字数】

例えば、文字単価2.0円だとして、1ヶ月で10万文字を執筆すれば、月収は20万円というイメージです。

ちなみに、一般的には1時間で1,000文字〜2,000文字を執筆するのが標準的な執筆スピードです。
あきはる

自分が稼働できる時間を洗い出して、上記の式にあてはめて計算すると、Webライターとしての月収が算出できますよ。

なお、Webライターの収入がもう少し詳しく知りたい方は、以下の記事も併せて参考にしてください。

Webライターの仕事の内容

Webライターは具体的にどんな仕事をするかというと、Webメディアの記事作成です。

例えば、企業のブログ記事や、ニュース記事、ホームページの原稿作成などがあります。

これらの仕事を契約した文字単価の報酬にて、作業を行った分が月収になるイメージですね。
あきはる

Webライターの仕事内容については、以下の記事で詳しく解説しているのでそちらも参考にしてください。

Webライターの月収が高い案件

Webライターは案件によって単価が異なるので、高単価なジャンルの案件を受注すれば月収が大きく変わります。

ざっくり、以下のジャンルを執筆できるWebライターは月収が高くなります。

単価が高いジャンル

  • 金融
  • 不動産
  • 医療
  • 法律

上記のジャンルを執筆できれば、文字単価は3.0円〜7.0円、場合によっては10.0円以上で案件を受注することもできます。

文字単価10円を超えたら、初心者ライターの10倍の収入を得られますね。
あきはる

要するに、専門知識を必要として、それを執筆できるライターが少ないジャンルは、単価が高くなる傾向にあります。

もちろん、専門知識が必要なので簡単ではありませんが、挑戦してみても良いかと。

初心者からWebライターになる手順【月収10万円】

初心者からWebライターになる手順【月収10万円】

次は、完全初心者からでもWebライターとして、月収10万円を稼ぐ最短の手順をご紹介します。

初心者からWebライターになる手順

  1. WordPressでブログを書く
  2. クラウドソーシングに登録する
  3. 文字単価1.0円以上の案件に応募する

これらを即実践すれば、1ヶ月目から月収10円を達成できますよ。

手順①:WordPressでブログを書く

手順1つ目は、WordPressのブログを書くことです。

Webライティングの案件を受注するには実績が必要ですが、ブログを書くことで実績にすることができます。

僕も実績がない状態からブログを書いたことにより、簡単に案件を受注できましたよ。
あきはる

もしまだブログを開設していなければ、以下の記事を参考にブログを立ち上げておきましょう。

なお、ブログを立ち上げる場合は、WordPress一択です。なぜなら、お客さんはWordPressのことがほとんどですので、WordPressが使えると案件も受注しやすくなります。

WordPressのメリットについては、以下の記事をご覧ください。

手順②:クラウドソーシングに登録する

手順2つ目は、クラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングは誰でも手軽に始められて、案件もたくさんあるので初心者からでも案件を獲得しやすいのが特徴です。

Webライターにおすすめのクラウドソーシングは以下です。無料なので、すべてまとめて登録しておきましょう。

【無料】人気クラウドソーシング

その他のクラウドソーシングは以下の記事で解説しているので、そちらも併せてどうぞ。

手順③:文字単価1.0円以上の案件に応募する

手順の3つ目は、文字単価1.0円以上の案件に応募することです。

Webライターの文字単価は幅広いのですが、最低でも文字単価1.0円以上で請けるようにしましょう。

というのも、文字単価が1.0円未満だと稼げずに、消耗してしまうからです。

ブログを書いてアピールすれば文字単価1.0円以上でも、受注するのはそこまで難しくないですよ。
あきはる

なお、受注するための提案文の書き方は、以下の記事を参考にしてください。

以上が、未経験からWebライターになる3ステップです。

もっと詳しくWebライターの始め方が知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

Webライターが月収を上げるポイント5つ

Webライターが月収を上げるポイント5つ

最後に、Webライターが月収を上げるためのポイントを5つご紹介します。

月収アップのポイントは以下です。

Webライターが月収を上げるコツ

  1. 作業時間をしっかり確保する
  2. ブログを充実させていく
  3. SEO対策のスキルを身につける
  4. 文字単価アップの交渉をする
  5. 自分の強みを活かす

1つずつ、解説していきます。

その①:作業時間をしっかり確保する

まずは、なんと言っても作業時間をしっかりと確保することが大切です。

なぜなら、Webライターは作業時間が月収に直結するからです。

スマホなどを触る時間が長くて作業時間が取れないと、Webライターとしては稼げませんよね。
あきはる

自分で作業する日や時間を決めて、その時間はWebライターの仕事に向き合う意識を持ちましょう。

その②:ブログを充実させていく

2つ目は、ブログを充実させていくことです。

なぜなら、「ブログ=実績」ですので、ブログが充実していればより高単価な案件を受注しやすくなります。

さらに、場合によってはブログ経由で案件のお問い合わせがくることもあるので、ブログを充実させておいて損はありませんよ。
あきはる

ぶっちゃけ、Webライターにとってブログは超重要ですので、絶対に書いておくようにしましょう。

Webライターがブログを書くメリットは以下の記事で詳しく解説済みです。

その③:SEO対策のスキルを身につける

月収アップのポイント3つ目は、SEO対策のスキルを身につけることです。

SEO対策とは、Googlet検索で上位をとるための対策のことです。

実は、Webライティング案件のほとんどがSEO記事作成なので、SEOの知識があるWebライターは稼ぎやすくなりますよ。

Webライターとして月収を上げていくなら、SEOの知識は必須ですね。
あきはる

なお、SEOの知識を身につけるには、Webライタースクールの受講も検討してみましょう。以下の記事を参考にしてください。

その④:文字単価アップの交渉をする

ポイントの4つ目は、文字単価アップの交渉をすることです。

Webライターは単価アップの交渉が成功すれば、月収を一発で上げることができますよ。

例えば、最初は文字単価1.0円だとしても、交渉が成功すれば単価1.5円、2.0円、3.0円と、上げていけたりします。

文字単価が3倍になれば、月収は3倍になるのですごいですね。
あきはる

なお、単価交渉が苦手な方は、最初から文字単価が高い案件に応募するのもおすすめです。

単価が高い案件は以下のクラウドソーシングを使うと受注しやすいです。

高単価案件が狙えるサイト

その⑤:自分の強みを活かす

Webライターが月収を高めるポイント5つ目は、自分の強みを活かすことです。

具体的には、専門分野に特化したライターになったり、数人のライターを管理するディレクターになるとよいでしょう。

自分の特性を活かしたライターになると、高単価で受注ができたり、組織化して編集プロダクションとして稼ぐことができます。

自分が得意なことを見極めて、上手に活かしていきましょう。

まとめ:Webライターは月収を上げやすい

まとめ:Webライターは月収を上げやすい

今回は、Webライターの月収の目安と、月収の上げ方を解説しました。

Webライターは月収を上げていきやすい職業なので、ぜひ頑張ってくださいね。
あきはる

なお、未経験からWebライターを目指す方は、以下の記事も参考にしてください。

今回は以上です。

以下の記事も読まれています。

関連記事:こちらの記事も読まれています。

Twitterでも発信をしているので、ぜひチェックしてください。

Twitterはこちら→あきはる

最後のまで読んでいただき、ありがとうございました。

良ければ、シェアしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人

あきはる

『完全未経験から月20万円稼げるフリーランスを増やす!』をテーマに発信しています。大学卒業→営業職→未経験からWebフリーランス→Twitterフォロワー7,000人以上|ブログ月間1.2万PV。『フリーランス教室』の編集長です。

-Webライティング