Webライティング

【簡単】未経験からWebライターになる5つの手順【体験談あり】

こんにちは、あきはるです。

悩む人
完全未経験からでもWebライターになることは可能ですか?

未経験からWebライターになるための手順と、収入をアップさせる方法を教えてください。

こんな疑問に答えます。

結論として、未経験からでもWebライターになることは可能です。

もっというと、ぶっちゃけ簡単なので誰でもなれます。
あきはる

さらに、Webライターとして着実に収入を上げていけば、月収100万円以上を安定して稼げる状態も目指せますよ。

そこで今回は、完全未経験からWebライターとして稼ぐための最短の手順をご紹介いたします。

Webライターの仕事に興味がある方は、ぜひ最後までお付き合いください。

本記事の内容

  • Webライターの仕事内容と必要スキル
  • 未経験からWebライターになる手順
  • Webライターで収入を上げる方法
本記事の執筆者

あきはる プロフィール
  • Webライティング歴1年以上
  • Webライター初月10万円以上

Twitter(https://twitter.com/akiharu_0309/

それでは、早速始めていきます。

目次

未経験からでもWebライターになることは可能!

未経験からでもWebライターになることは可能!

まず、完全未経験の人でもWebライターになることはできます。

というのも、Webライターは文章を書く仕事なので、一般的な日本人なら誰でも目指せます。

具体的には、Webメディアの記事を執筆するので、Webメディア特有のWebライティングの書き方を学びさえすればOKです。

ただし、特有と言っても、基本的には「誰にでもわかりやすい記事を書く」というイメージなので、そこまで難しく考える必要はありません。

ぶっちゃけ、Webライターは少し勉強すれば誰でもすぐに稼げます。

実際、僕も未経験からWebライターとして初月で10万円ほど稼げたので、後ほど体験談をご紹介しますね。
あきはる

未経験からWebライターになる場合の収入の目安は?

未経験からWebライターになった場合の収入の目安としては、副業なら月5万円〜月20万円、専業なら月15万円〜月100万円以上が相場だといえます。

Webライターの収入は【文字単価×文字数】で計算ができて、自分が働けば働いただけ稼ぐことができます。

例えば、文字単価が1.0円で1ヶ月間で100,000文字を執筆すれば、月収は10万円ということになります。1ヶ月が30日だとすると、1日あたり3,000文字〜4,000文字を書けば達成できるイメージです。

ざっくり、1時間で1,000文字〜2,000文字はかけるので、1日に2時間ほど働けばOKですね。
あきはる

あとは、単価を上げていったりディレクターのポジションになれば、さらに収入アップを目指すことができます。

Webライター歴と単価の目安

  • 1ヶ月〜3ヶ月:〜文字単価1.0円
  • 3ヶ月〜6ヶ月:文字単価1.0円〜2.0円
  • 6ヶ月〜12ヶ月:文字単価2.0円〜3.0円
  • 12ヶ月〜:文字単価2.0円〜7.0円以上(スキル次第)

ざっくりと上記のようなイメージです。

高収入なWebライターは文字単価7.0円以上とかもいけるらしいです。この辺りは自分のスキル次第ですね。

ただ、文字単価2.0円〜3.0円ほどであれば、Webライターを継続していけば誰でも達成できるレベル感だといえるでしょう。

文字単価が1.0円から2.0円に上がれば、単純計算で収入は2倍になるので、Webライターは単価アップが収入アップの鍵ですね。

Webライターの具体的な仕事内容は?

Webライターの具体的な仕事内容は、以下の通り。

Webライターの仕事内容

  • 企業メディアのSEO記事
  • 個人ブログのSEO記事
  • ネットのニュース記事
  • ホームページ/LPの文章作成
  • メルマガなどのシナリオ作成
  • 各種取材記事

など、様々な案件があります。

特に、未経験からWebライターになった場合、最初は『企業メディアのSEO記事』の案件から始めるのが一般的です。

SEO記事とは、Googleの検索エンジンで上位を狙う記事のことです。

SEOに強いWebライターは稼げます

少し余談ですが、SEOに強いWebライターは稼ぎやすいです。

というのも、そもそも企業はGoogle検索で自社サイトを上位表示ができると儲かるので、検索上位を取ることができるライターには外注費をたくさん払うからです。

Webライターでしっかり稼いでいきたいなら、SEOの知識は必須だといえます。

SEOで検索上位を狙うには?

結論、ブログを書いて勉強しましょう。

ブログは企業のWebメディアと同じです。そのため、ブログで記事を書いてSEOで検索上位を取るコツを掴めば、そのままWebライターの仕事に活かせますよ。

もちろん、本や教材でSEOを勉強することも大事ですが、何よりブログを書いて実際に経験することが最も近道です。

SEOの他にもWebライターがブログを書くメリットは大きいので、以下の記事も参考にしてみてください。

Webライターの働き方はどんな感じ?

Webライターは完全在宅で働くことが可能です。

そのため、一般的には副業でWebライター業をやる人が多い印象ですね。

さらに、副業で稼げるようになった後に、フリーランスになる人もいたり、中には副業Webライターから転職して本業にする方もいる感じです。

ぜひ、自分に合った理想の働き方を見つけてください。

いずれにしても、最初は副業からWebライターを始めてみると良いかと!
あきはる

Webライターとして収入を上げるために必要なスキル

Webライターとして収入を上げるために必要なスキル

未経験からWebライターとして収入を上げていくために必要なスキルをお伝えします。

最初に全体像を知っておくことで、最短で稼げるライターになれますよ。
あきはる

高収入Webライターに必要なスキルは以下の通り。

高収入Webライター必要なスキル3つ

  1. SEOライティングのスキル
  2. WordPressの基本的な知識
  3. 営業や単価交渉の能力

それぞれ、簡単に解説していきます。

その①:SEOライティングのスキル

先ほども少し触れましたが、SEOライティングのスキルが高いWebライターは稼げます。

企業からすると、SEOに強いライターは喉から手が出るほど欲しい人材だからです。

例えば、SEOで上位を取れないライターに発注し続けても企業は1円も稼げませんよね。反対に、SEOで上位を取れるライターに発注すると企業は儲かるので、高い報酬を払ってでも発注せざるを得ないのです。

なので、Webライターとして高収入を得るなら、SEOの知識は徐々に蓄えていくことが大切です。

その②:WordPressの基本的な知識

次は、WordPressの基本的な知識を身につけておくようにしましょう。

なぜなら、クライアントのWordPressに直接入稿できるだけで、単価を上げられたりするからです。

むしろ、最近ではWebライターはWordPressを使えて当たり前という感じです。とはいえ、そこまで難しくないので、最低限の操作はできるようにしておきましょう。

実際にWordPressのブログを立ち上げると、操作方法は一発でわかりますよ。
あきはる

さらに、WordPressでブログを書いておくとWebライティングの実績になって案件獲得にも繋がるので、初心者にはWordPressブログは必須です。

WordPressブログのメリットを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

その③:営業力や単価交渉の能力

高収入Webライターになるために必要な能力の3つ目は、営業力や単価交渉の能力です。

なぜなら、営業力や単価交渉の能力が低いと、なかなか低単価案件から抜け出せないからです。

例えば、せっかく文字単価3.0円くらいのスキルを持っているのに、クライアントに交渉できないがゆえに文字単価1.0円で対応している人もたくさんいます。

クライアントは外注費を増やしたくないので、クライアント側からわざわざ単価アップを言ってくれることはめったにありませんよ。
あきはる

高い単価の案件を見つける営業力や、既存クライアントに交渉して単価アップを打診する力はWebライターには必須です。

とはいえ、まずは単価アップを打診するより、クライアントの信頼を積むことが先ですけどね。

【簡単】未経験からWebライターになる5つの手順

【簡単】未経験からWebライターになる5つの手順

未経験から最短でWebライターになるための5つの手順をご紹介します。

手順は以下の通り。

未経験からWebライターになる手順

  1. ブログを開設して記事を1つ書く
  2. クラウドソーシングで案件に応募
  3. Webライティングの基礎知識を学ぶ
  4. 案件をやりつつスキルを高めていく
  5. ブログを書いて高単価案件を狙う

それぞれ、解説していきますね。

手順①:ブログを開設して記事を1つ書く

まず最初に、ブログを開設して記事を1つ書きましょう。

ブログを1記事でも書いておくと、その記事が実績となりWebライティング案件が受注しやすくなります。

例えば、「実績はありませんがやる気はあります!」という人と、「こんな記事を書けます!(ブログ)」という人では、後者の方が受注できる確率がグッと上がります。

もちろん、ブログがなくても受注はできるかもしれませんが、その場合は誰でもできるような文字単価0.5円などの低単価案件になってしまいます。

僕はWebライター未経験でしたが、ブログを実績にして提案したので最初から文字単価1円以上の案件を受注できましたよ。
あきはる

ブログがないと永遠に低単価案件から抜け出せないかもしれないので、ブログを1記事でも書いておくとよいです。

ちなみに、WordPressブログを立ち上げる際に必要なレンタルサーバーは、国内シェアNo.1のXserver(エックスサーバー)がおすすめです。

>>Xserverでブログを開設する

エックスサーバーでブログを始める方法は、以下の記事をご覧ください。

手順②:クラウドソーシングで案件に応募する

次は、クラウドソーシングに登録して案件に応募してみましょう。

クラウドソーシングにはWebライティングの案件がたくさんあるので、ブログの実績をアピールすれば割と簡単に受注できます。

早い人だと1ヶ月目で5万円〜10万円くらいはすぐに稼げると思いますよ。
あきはる

なお、Webライターが稼ぎやすいクラウドソーシングは以下です。すべて無料なので、まとめて登録しておきましょう。

Webライター向けクラウドソーシングつ

その他のクラウドソーシングは以下の記事で紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてください。

案件を受注するためのコツ

案件に応募する際のポイントは、実績をアピールすることです。

なぜなら、実績がない人は能力が測れないため、クライアントは発注できないからです。

実績と言っても、まずはブログを1記事書いていればOKです。それだけで受注できる可能性がかなりアップしますよ。
あきはる

提案文を書くコツに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

手順③:Webライティングの基礎知識を学ぶ

案件に応募しつつ、同時にWebライティングの基本的な知識を学びましょう。

まずは、Webライティングの基本的な書き方を学べばOKです。

無料で学びたい方は、以下の記事をご覧ください。なお、こちらの記事を読んで基礎を固めれば、文字単価1.0円〜2.0円の案件は余裕です。

また、有料の教材でガッツリと学びたい方は、Udemyにて『WEBライティングをマスターする!ゼロから始めるライティング講座|講師:岡筋 耕平』という講座がおすすめです。

>>Udemyの公式サイトへ進む

※【Webライティング マスター】と検索すると1番上に出てきます。

こちらは僕も受講しましたが、とてもわかりやすくて良かったです。ちなみに、Udemyは月に数回の割引セールがあるので、そのときに購入するとコスパ良いです。
あきはる

手順④:案件をやりつつスキルを高めていく

Webライティングの実際の案件をやりつつ、自分のスキルを高めていきましょう。

そうすれば、高単価な案件も受注できたりと、さらに稼ぎやすくなります。

また、クライアントの中にはフィードバックをくれる方もいたりして、その場合はかなりラッキーです。添削をしてもらってスキルを上げながら、お金も稼げるので。

いずれにせよ、スキルを上げていって高い報酬を得られるように努めましょう。

手順⑤:ブログを充実させて高単価案件を狙う

Webライターの案件と同時に、ブログを書いて自分の実績を充実させていきましょう。

というのも、ブログが充実してこれば、Webライティングの実力があるという証明になり、さらに案件を獲得しやすくなります。

『ポートフォリオ』といって、自分が過去に書いたWebライティングの実績やブログの実績を1つの記事にまとめておくとなお良いです。

クライアントに「僕のポートフォリオはこちらです!」という感じで、提案しやすくなりますよ。
あきはる

Webライターとブログは相性がよくて、絶対に役立つのでぜひブログを始めておくと良いでしょう。

まだブログを持ってない方は、以下の記事を参考にサクッと始めてみてください。

【実体験】Webライター未経験から初月で10万円稼いだ方法

【実体験】Webライター未経験から初月で10万円稼いだ方法

僕がWebライティングで初月で10万円ほど稼いだ体験談をご紹介します。

実際に受注した提案文もお見せするので、かなり参考になるかと。
あきはる

ブログをひたすら書いた

まず、ブログをひたすら書きました。

というより、元々ブログを50記事以上書いていたので、それを実績にしてWebライティングの案件に応募した感じです。

とはいえ、実際にクライアントに見せる記事は1〜3記事ほどなので、ブログを新しく立ち上げる人でも、まずは1〜3記事だけ書いておけばOKです。

最初はクラウドソーシングで案件を獲得

最初はWebライティングの案件数が多いクラウドソーシングにて受注できました。

僕の場合は、クラウドワークスをメインで使い、初月で10万円ほど稼げました。他にもココナラBizseekあたりも定番ですがおすすめです。

また、案件数は少ないですが、高単価案件で長期的に稼ぐならクラウドテックなども見てみると良いでしょう。

無料なので、全てまとめて登録しておきましょう。

文字単価1.0円以上の案件に10件ほど応募

文字単価が1.0円以上の案件のみ10件ほど応募して、半分以上は受注できましたね!

というのも、ブログを2〜3記事ほど見せながら提案したので、お客さんの反応がかなり良かったです。

ぶっちゃけ、受注が簡単すぎて案件が溢れてしまったので、提案しておきながら後から断ってしまったことも…。
あきはる

お客さんには申し訳なかったですが、ブログを見せながらの提案はかなり強力です。

実際に受注した提案文(応募文)

実際に、僕がほとんどコピペで送っていた提案文をお見せします。

こんな感じで提案を送ると、受注がしやすいかと。
あきはる
実際に受注した際の提案文

〇〇様
はじめまして、〇〇と申します。

本件、応募させていただきます!
SEOに強い記事作成が得意であるため、お役に立てると思い応募させていただきました。

●簡単な自己紹介
私は現在、Webライターとして活動しております。
Webライティング歴は1年以上で、自身でブログ運営もしております。

●過去の執筆実績(※個人で運営しているブログです。)
①狙ったキーワード:〇〇
https://〜〜

②狙ったキーワード:〇〇
https://〜〜

③狙ったキーワード:〇〇
https://〜〜

※運営ブログ(月間:〇〇PV、収益〇〇円)
https://〜〜

●月に納品可能な記事数
月に5本〜10本の記事を納品可能です。
(場合によっては10本以上の納品も可能です)

●得意ジャンル
・〇〇
・〇〇
・〇〇
など。また、その他のジャンルでも丁寧なリサーチを行うため、執筆可能です。

●報酬について
報酬については、ご指定の報酬単価にて対応可能です。

●強み
個人でブログを運営していることもあり、SEOの知識がございます。そのため、検索上位を狙う記事構成、基本的なライティングが可能です。
ご依頼いただけましたら、単に記事を書くだけではなく、成果に繋がる記事作成を行います。

●最後に
ご採用いただけましたら、メディアの売上アップに尽力いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

ご契約次第、すぐに対応可能です。

こちらの提案文を参考にしていただき、受注を目指してください!!

ちなみに、何度もお伝えしてますが、ブログはマジで最強です。

他の提案者がたくさんいても、ブログを書いている人は少ないので、ブログがあるだけで余裕で差別化ができます。

ブログ運営は月1,000円ほどお金がかかりますが、ブログがない場合より文字単価を上げやすいので回収も余裕ですよ。

ブログの運営費用や開設方法などは、Xserver(エックスサーバー)の公式サイトをご覧ください。

>>Xserverの公式サイトへ進む

開始1ヶ月目で10万円ほど稼げた

結果的には、完全未経験から1ヶ月目にして10万円ほど稼ぐことができました。

内訳は、文字単価1.0円〜1.5円ほどの案件を8本くらいと、記事の見出しを作る案件を30本以上対応した感じです。

ブログをアピールしたので文字単価1.0円以上の案件でも余裕で受注できました。

さらに、記事の見出し構成を作る仕事も受注できたりして、未経験からのスタートでもブログがあるとかなり有利だと感じましたね。

【転職もOK】未経験Webライターにおすすめの転職エージェント

【転職もOK】未経験Webライターにおすすめの転職エージェント

未経験からWebライターを目指す上で、一度転職してWebライターを本業にするパターンもおすすめです。

なぜなら、会社の上司や先輩から直接フィードバックを受けられたりするので、副業やフリーランスよりも成長スピードが格段に上がるからです。

ぶっちゃけ、「本業Webライター」→「フリーランスWebライター」というパターンは最強ですよ。
あきはる

少しでもWebライターへの転職を考えている方は、以下のエージェントに登録しておきましょう。

【無料】おすすめ転職エージェント

ちなみに、転職する際も面接などでブログをアピールすると、転職の成功率は確実に上がりますよ。

以上が未経験からWebライターになるための手順です。

さらに詳しいWebライターの始め方や、注意点などを知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

未経験からWebライターになれる人の特徴

未経験からWebライターになれる人の特徴

未経験からWebライターになれる人の特徴をご紹介します。

特徴は以下の通り。

Webライターになれる人の特徴

  • 文章を書くことを苦痛に感じない人
  • クライアントへ貢献する精神がある人
  • 情報を整理するのが好きな人
  • 堅実に収入を上げていきたい人
  • 忍耐強い性格の人

上記の特徴に当てはまる点が多い人は、わりと早い段階でWebライターの収入を上げていけますよ。

とはいえ、上記の特徴に当てはまってない人でも、Webライターは一定のレベル(月収5万円〜月収20万円)までは誰でも到達可能です。

まずは、実際に案件を受注してみてから、向き不向きを判断してみましょう。
あきはる

Webライターが月収100万円以上を稼ぐ3つの方法

Webライターが月収100万円以上を稼ぐ3つの方法

Webライターとしてさらに高みを目指して、月収100万円の大台を超えるにはどのような方法があるのでしょうか。

私の経験からWebライターとして月収100万円を超える方法をご紹介します。

ざっくりと、以下の3通りが考えられます。

Webライターが月収100万円以上稼ぐ方法

  1. スキルを高めて高単価案件で稼ぐ
  2. Webディレクターや編集長になる
  3. Webライター&ブログで稼ぐ

それぞれ、解説していきます。

パターン①:スキルを高めて高単価案件で稼ぐ

1つ目は、スキルを高めて高単価案件で稼ぐことです。

例えば、文字単価を7.0円くらいまで上げて、1ヶ月で15万字ほど書くことができれば月収100万円を超えられます。

とはいえ、文字単価を7.0円まで上げるとなると、かなり難易度は高めです。
あきはる

もし本気で文字単価7.0円を目指すのであれば、あなたにしか書けない専門性の高い分野のライターになるのがもっとも現実的だといえるでしょう。

例えば、不動産、金融、医療などの儲かる業界で、専門性に長けた記事を書けるのであれば、文字単価7.0円も十分に目指せます。

僕が知っている人で不動産関係の専門ライターで文字単価7.0円を超えている人もいるので、専門知識と努力次第で月収100万円は目指せないこともないです。

セールスライターの路線もあり

セールスライターという路線でも月収100万円超えを目指せます。

セールスライターとは、商品を売るための文章を書くライターで、文字単価7.0円超えも珍しくはないです。

セールスライターに至っては、文字単価10.0円超えの人もいたりするくらいです。

いずれにせよ、企業は儲けさせてくれる人材にはいくらでもお金を払うという感じです。

つまり、自分が企業を儲けさせられる貴重な人材になれば、必然的にお金が稼ぎやすくなりますよ。

パターン②:Webディレクターや編集長になる

月収100万円を目指す2つ目の方法は、Webディレクターや編集長になることです。

いわゆる、クライアントから受注した案件を他のライターに外注して、その差額を稼ぐやり方です。

例えば、クライアントから文字単価3.0円で記事を受注して、その仕事を文字単価1.0円で外注すれば、差額分の文字単価2.0円分が自分の稼ぎになります。

この場合は、自分がメインで文章を書くわけではないので、たくさんの案件を一気に受注してライターを管理すれば、収入は跳ね上がりますよ。
あきはる

とはいえ、外注先のWebライターは文字単価1.0円レベルの記事を上げてくるので、それを文字単価3.0円レベルの記事に編集して納品しないといけません。

最初は編集に労力がかかり時給が一時的に下がりますが、ライターをしっかり教育していけば少ない労働で月収100万円も目指せるでしょう。

パターン③:Webライター&ブログで稼ぐ

月収100万円を目指す3つ目のパターンは、Webライターとブログを掛け合わせることです。

例えば、Webライティングで月収50万円、ブログでも月収50万円を稼ぐことができれば、トータルで月収100万円を超えられるイメージですね。

Webライターはクライアントのメディアで経験を積めるため、Webライティングのスキルが上がってブログでも稼ぎやすかったりします。

実際、この方法で稼いでいる人はかなり多い印象です。
あきはる

ぜひ、Webライター&ブログに挑戦してみてください。

まとめ:まずは、ブログを書いて案件を受注しよう!

まとめ:まずは、ブログを書いて案件を受注しよう!

今回は、未経験からWebライターになる手順をご紹介しました。

ぶっちゃけ、Webライターになることは簡単なので、サクッとブログを書いて案件を受注してみましょう!

ブログを始める際に必要なレンタルサーバーは国内シェア1位のXserver(エックスサーバー)にしておけば間違いないです。

>>Xserverの公式サイトへ進む

今回は以上です。

以下の記事も読まれています。

関連記事:こちらの記事も読まれています。

Twitterでも発信をしているので、ぜひチェックしてください。

Twitterはこちら→あきはる

最後のまで読んでいただき、ありがとうございました。

良ければ、シェアしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人

あきはる

『完全未経験から月20万円稼げるフリーランスを増やす!』をテーマに発信しています。大学卒業→営業職→未経験からWebフリーランス→Twitterフォロワー7,000人以上|ブログ月間1.2万PV。『フリーランス教室』の編集長です。

-Webライティング