※当サイトは、広告を含む場合があります。

クラウドソーシング

フリーランスワーカー.jpの評判は?手数料や口コミを徹底調査

こんにちは、あきはるです。

悩む人
フリーランスワーカー.jpはどんなクラウドソーシングなの?

フリーランスワーカー.jpの評判や口コミ、手数料などを教えてください。

こんな疑問に答えます。

クラウドソーシングで副業を始める方の中には、「ライバルが少ないサービスを使いたい!」と考える人も多いですよね。

フリーランスワーカー.jpはまだまだ競合が少ないクラウドソーシングの1つです。

しかし、実際に利用するとなると、

  • 利用者の評判や口コミは悪くない?
  • 手数料はいくらなの?
  • メリットやデメリットは?

など、不安に思うこともあるでしょう。

そこで今回は、フリーランスワーカー.jpの評判や口コミ、手数料、またメリットやデメリットをご紹介します。

本記事の内容

  • フリーランスワーカー.jpとは?
  • フリーランスワーカー.jpの評判や口コミ
  • 利用するメリットやデメリット/注意点
  • フリーランスワーカー.jpの登録方法
本記事の執筆者

あきはる プロフィール

Twitter(https://twitter.com/akiharu_0309/

それでは、始めていきます。

ライバルが少ない『今』が大チャンス!

ココナラに似たサービスフリーランスワーカー.jpが新登場!

✔︎ ココナラよりもライバルが少ない!
✔︎ ココナラよりも手数料が安い!
✔︎ 他人にバレる前に上位が狙える!

ライバルが増える前に、無料で始めよう↓
公式サイト:フリーランスワーカー.jp

※無料で登録可能!解約もいつでもOK!

\ココナラに似た新サービス/

フリーランスワーカー.jpの公式サイトはこちら

※1分で無料登録できます!

フリーランスワーカー.jpとは?概要を紹介

フリーランスワーカー.jpとは?基本情報を紹介
出典:フリーランスワーカー.jp

そもそも、フリーランスワーカー.jpとはどんなクラウドソーシングサイトなのでしょうか。

まずは、フリーランスワーカー.jpの基本情報や特徴をご紹介します。

フリーランスワーカー.jpの基本情報

サービスフリーランスワーカー.jp
概要自由なスキルシェア
手数料販売者:14.3%
発注者:無料
運営会社株式会社乙栄商会
所在地東京都新宿区西新宿三丁目3番­13号
西新宿水間ビル6階
HPhttps://otoei.co.jp/
公式サイトhttps://freelanceworker.jp/fw/

フリーランスワーカー.jpは、株式会社乙栄商会が運営しているクラウドソーシングです。

フリーランスワーカー.jpは『自由なスキルシェア』というコンセプトを掲げた運営方針であり、他のクラウドソーシングとの差別化をしています。

例えば、他のクラウドソーシングでは珍しい「対面サービス」の販売なども可能なので、活用できる幅は広いですね。

なお、フリーランスワーカー.jpはココナラにも似ています。その他、ココナラに似たサイトを知りたい方は以下の記事もご覧ください。

フリーランスワーカー.jpの特徴

フリーランスワーカー.jpの主な特徴は、以下の通りです。

フリーランスワーカー.jpの特徴

  • 誰でも気軽に始められる
  • 手数料が比較的安い
  • 対面サービスも販売できる
  • ライバルがまだまだ少ない
  • 自由なスキルが出品できる

クラウドソーシングは競合が激しい傾向にありますが、フリーランスワーカー.jpはまだまだライバルが少ないといえます。

なぜなら、フリーランスワーカー.jpは2023年5月から現在のサービスがリニューアルされて開始されたため、まだまだ知っている人が少ないからです。

実際に、僕の周りのフリーランスや副業で稼いでいる人も、フリーランスワーカー.jpを知っている人は少ないですよ。
あきはる

フリーランスワーカー.jpの手数料

フリーランスワーカー.jpの手数料は、以下となります。

フリーランスワーカー.jpの手数料

  • 受注者の手数料:14.3%(税込)
  • 発注者の手数料:無料

一般的なクラウドソーシングの手数料は15%〜20%くらいが相場なので、フリーランスワーカー.jpの手数料はやや安いといえます。

また、発注者の手数料は無料なので、かなりお得に使えます。

なお、サービスの登録は誰でも無料でできるので、登録は済ませておくようにしましょう。

>>無料でフリーランスワーカー.jpに登録する

公式サイト:フリーランスワーカー.jp

フリーランスワーカー.jpの評判や口コミを調査

フリーランスワーカー.jpの評判や口コミを調査

では、フリーランスワーカー.jpの評判や口コミを調査したので、ご紹介します。

フリーランスワーカー.jpの良い評判

まずは、フリーランスワーカー.jpの良い評判からご紹介します。

以下、X(旧:Twitter)から引用してきた評判、口コミとなります。

フリーランスワーカーっていうクラウドソーシングサイトに登録してみたんだけど、手数料がとても安いらしい…。こちらからもお仕事受け付けてますので、気になる方がいらっしゃったら、どうぞ!

引用元:X(旧:Twitter)

お疲れ様です。フリーランスワーカー.jpの乙丸です。最近、弊社サイトのインプレッションとクリック数が爆上がりしてます!会員数・サービス投稿も伸びています!つい最近まで閑古鳥が鳴いていたので嬉しい😂

引用元:X(旧:Twitter)

ぱくたその協賛・サポーターにスキルを活かして自由に働く「フリーランスワーカーjp」さんを追加しました。👍今後ノマド系の素材コラボも予定しています。お楽しみに!👩‍💻

引用元:X(旧:Twitter)

正直、フリーランスワーカー.jpはリニューアルしてから間もないため、評判や口コミの数自体が少ないです。

ただ、僕が調べたところ、

  • まだ競合が少ない
  • 手数料が他よりも安い
  • 気になって登録してみた
  • 対面サービスも自由に販売できる

といった口コミが数件ありました。

これから伸びていく可能性があるクラウドソーシングなので、登録しておいて損はないと思います。

フリーランスワーカー.jpの悪い評判

次は、フリーランスワーカー.jpの悪い評判をご紹介します。

と言いたいところですが、悪い評判は一切ありませんでした。

なぜなら、繰り返しですが、そもそも評判や口コミが少ないからですね。

もし、悪い口コミがあるとすれば、以下のような点だと思われます。

  • 案件の数が少ない
  • 仕事の単価が安い

実際にはなんともいえませんが、僕が調べたところによると上記のような悪い口コミや評判があってもおかしくはないかなと感じました。

とはいえ、案件数は今後伸びていく可能性が高いのと、仕事の単価に関しては他のクラウドソーシングとさほど大差はありません。

自分で複数のクラウドソーシングを使ってみてから、継続して使うかどうかを判断すれば良いでしょう。
あきはる

フリーランスワーカー.jpを利用するメリット

フリーランスワーカー.jpを利用するメリット

次は、フリーランスワーカー.jpを使うメリットをご紹介いたします。

僕が実際に評判をチェックしてみて感じたメリットは以下の通りです。

フリーランスワーカー.jpのメリット

  1. 気軽に副業を始められる
  2. 手数料が比較的安い
  3. ライバル/競合がまだ少ない
  4. 対面のサービスを販売できる

1つずつ解説していきます。

その①:気軽に副業を始められる

メリット1つ目は、気軽に副業を始められるという点です。

フリーランスワーカー.jpは最低価格500円程度からサービスを販売できるため、誰でも気軽に始められます。

実際の例として、「ヘアメイクのアドバイスをします」といったサービスを出品している方もいますよ。

反対に、企業との取引などであれば、ハードルが高くてできなかったりするので、気軽に副業が始められるのはかなりメリットだといえます。

その②:手数料が比較的安い

2つ目は、手数料が安いという点です。

他のクラウドソーシングとの手数料を比較すると、以下の通りです。

クラウドソーシング手数料比較

上記はサービス提供者側の手数料ですが、業界大手のクラウドソーシングと比較してもフリーランスワーカー.jpの手数料が最も安いです。

さらに、フリーランスワーカー.jpの発注者側の手数料は無料です。

フリーランスワーカー.jpの手数料は安いというのは、使うメリットだといえます。

その③:ライバル/競合がまだ少ない

3つ目のメリットは、ライバル/競合がまだまだ少ないという点です。

こちらは繰り返しお伝えしていますが、リニューアルされたばかりでまだまだ認知が少ないため、競合が少ないです。

反対に、ココナラやクラウドワークスはユーザー数が多いので、案件の取り合いになりますよね。
あきはる

もちろん、フリーランスワーカー.jpはまだまだ案件数も少ないですが、ライバルが少ないので案件が発生した際は受注しやすいといえます。

その④:対面のサービスを販売できる

4つ目は、対面のサービスを販売できることです。

というのも、クラウドソーシングの多くはオンライン限定なので、対面サービスは出品ができません。

しかし、フリーランスワーカー.jpは対面サービスを販売できるので、活用の幅が一気に広くなります。

具体的なサービスとしては、「イベント・余興」「ランチミーティング」・「飲み会」・「ビジネスアイディアの販売」などが対面サービスとして自由に販売できます。

多くのクラウドソーシングはトラブルを懸念して対面サービスができないので、これはかなり良い点ですね。

以上がフリーランスワーカー.jpのメリットでした。

フリーランスワーカー.jpを利用するデメリット・注意点

フリーランスワーカー.jpを利用するデメリット・注意点

次は、フリーランスワーカー.jpを利用するデメリット、注意点をご紹介します。

フリーランスワーカー.jpのデメリット

  1. 案件の単価が低い
  2. 大金を稼ぐことは難しい

1つずつ解説します。

その①:案件の単価が低い

デメリットの1つ目は、案件の単価が低いという点です。

基本的に、クラウドソーシングで取引される仕事は単価が低い傾向にあります。

具体的には、ホームページ制作が5万円程度だったり、Webライティングの文字単価が1.0円程度といった具合ですね。

とはいえ、フリーランスワーカー.jpに限らず他のクラウドソーシングでもそのくらいなので、そこまで心配する必要はありません。

また、「クラウドソーシングは実績作り!」と割り切って、案件を対応するのも戦略の1つだといえますね。

その②:大金を稼ぐことは難しい

デメリットの2つ目は、大金を稼ぐことは難しいという点です。

なぜなら、クラウドソーシングは、作業と引き換えに報酬をもらう仕事だからです。

要するに、アルバイトのような時給労働と変わらないので、自分の時間に限りがあるため大金を稼ぐことはできません。

逆に、「月100万円以上の大金を稼ぎたい」という方は、Web系の仕事やブログを始める必要があります。

フリーランスワーカー.jpはこんな人におすすめ

フリーランスワーカー.jpはこんな人におすすめ

今回の記事を踏まえて、フリーランスワーカー.jpの利用が向いているのは以下のような人です。

フリーランスワーカー.jpがおすすめな人

  • 気軽に副業を始めてみたい
  • クラウドソーシングで稼ぎたい
  • ライバルが少ないサービスを使いたい
  • 対面サービスを販売したい
  • 自由なスキルを販売したい

上記に当てはまる人は、フリーランスワーカー.jpを使ってみることをおすすめします。

なお、フリーランスワーカー.jpは登録が無料でノーリスクなので、情報収集したいだけの人も使ってみるのはありですよ。

フリーランスワーカー.jpの登録方法

フリーランスワーカー.jpの登録方法

最後に、フリーランスワーカー.jpの登録方法をご紹介します。

公式サイトから会員登録を進める

まずは、フリーランスワーカー.jpの公式サイトに進みましょう。

>>無料で会員登録を始める

公式サイト:フリーランスワーカー.jp

公式サイトから会員登録へ進む

公式サイトから会員登録へ進む

右上の「会員登録」をクリックします。

メールアドレスを入力する

メールアドレスを入力する

メールアドレスを入力しましょう。

仮登録の完了

仮登録の完了

これで仮登録が完了となります。

メールアドレスを認証する

メールアドレスを認証する

登録したメールアドレス宛に、認証メールが届きます。

メールを開いてURLをクリックすれば、メールアドレスの認証が完了します。

必要情報を入力する

必要情報を入力する

次に、登録名やパスワードなどの必要情報を入力して、本登録を完了させます。

本登録の完了画面

本登録の完了画面

「本登録が完了しました」という画面が現れれば、これにて登録が完了です。

ぜひ、フリーランスワーカー.jpを有効に活用してくださいね。

まとめ:フリーランスワーカー.jpの評判・口コミを紹介

まとめ:フリーランスワーカー.jpの評判・口コミを紹介

今回は、フリーランスワーカー.jpの評判や口コミ、手数料、利用するメリットとデメリットをご紹介しました。

フリーランスワーカー.jpはクラウドソーシングの中でもライバルが少なく、対面サービスが販売できる特徴的なサービスです。

興味がある方は、ぜひご利用ください。

>>無料で会員登録から始める

公式サイト:フリーランスワーカー.jp

今回は以上です。

【無料】ココナラ×Web制作のコミュニティ

過去の僕はココナラとWeb制作で100万円以上を稼ぎました。これからココナラとWeb制作で稼ぎたい人の質問に答えるゆるめのコミュニティを作りました。

興味ある人はご参加ください。無料です。

▶︎【無料】コミュニティに参加する

※現在はブログの読者さんを募集中

  • この記事を書いた人

あきはる

『ココナラ×Web制作』を軸に”ひとり”で稼ぐ方法を発信。ココナラ累計100万円以上/全部の最高月460万円|会社員でうまくいかず新卒1年3ヶ月で退職。スキル無しからココナラ×Web制作を始めてフリーランスとして生計を立てる。からのフリーランス年収1,000万円を達成し、現在はココナラ×Web制作とブログをやってます!

-クラウドソーシング