Webライティング

【未経験OK】Webライター副業で月5万円稼ぐ10ステップを解説

こんにちは、あきはるです。

悩む人
未経験ですが、Webライターの副業で稼げますか?

Webライター副業で月5万円稼ぐ手順を教えてください!

こんな疑問に答えます。

「そろそろ副業を始めないと…」と思っている方には、Webライター副業がおすすめです。

実は、Webライター副業は未経験からでも稼ぎやすいと、近年注目を集めています!

副業で月5万円稼ぐなら、本記事を読んでもらえれば余裕ですよ。
あきはる

そこで本記事では、Webライター副業で月5万円稼ぐ手順を完全解説いたします。

本記事の内容

  • Webライター副業で月5万円稼ぐ手順
  • WebWebライター副業を始める注意点
  • Webライターで月10万円稼いだ実体験
本記事の執筆者

あきはる プロフィール
  • Webライティング歴1年以上
  • Webライター初月10万円以上

Twitter(https://twitter.com/akiharu_0309/

それでは、始めていきます

Webライター副業は未経験からでも稼げる?

Webライター副業は未経験からでも稼げる?

まず、Webライター副業は未経験からでも月5万円〜20万円くらいは現実的に稼げます。

なぜなら、Webライティングは学習ハードルがそこまで高くない上に、案件が大量にあるからです。

事実として、Webライター副業で月5万円以上稼いでいる人はめちゃくちゃ多いですよ。
あきはる

さらに、稼ぐ方法もほとんど確立されているので、再現性が非常に高いといえます。

未経験から副業を始めるなら、Webライターがおすすめです。

【完全版】Webライター副業で月5万円稼ぐ10ステップ!

【完全版】Webライター副業で月5万円稼ぐ10ステップ!

早速、Webライターの副業で月5万円稼ぐ手順をご紹介します。

Webライター副業で月5万円稼ぐ手順
  1. 月5万円稼ぐ仕事量をイメージする
  2. Webライターの仕事の種類を知る
  3. Webライティングの書き方を学ぶ
  4. WordPressブログを開設する
  5. ブログを5本書いて練習する
  6. クラウドソーシングに登録する
  7. プロフィールを充実させる
  8. 文字単価1.0円の案件に10件以上提案
  9. 受注できたら丁寧かつ素早く納品する
  10. 継続依頼に繋げて月収5万円達成!

完全解説したので、読んでもらえれば迷わずに行動できます。

その①:月5万円稼ぐ仕事量をイメージする

まず、Webライター副業で月5万円を稼ぐ仕事量をイメージしてみましょう。

クラウドワークスからWebライティング案件をいくつかピックアップしました。

文字単価1.0円の案件

文字単価1.0円の案件

上記の案件は、文字単価1.0円で1記事あたり4,000〜5,000文字執筆するので、1本記事を書いたら4,000円〜5,000円の報酬です。

月5万円稼ぐなら、このような案件を月に10本ほどこなすイメージですね。なお、5,000文字なら、早い人だと3〜4時間で執筆できるかと。

時給にすると、1,000円ちょっとという感じです。

文字単価2.0円の案件

文字単価2.0円の案件

こちらの案件であれば、文字単価2.0円で5,000文字なので、1記事あたり10,000円です。

月に5本の記事を納品すれば、月5万円は達成できますね。
あきはる

1記事あたり5時間かかるとしたら、1ヶ月で確保する時間は25時間ほどです。

文字単価が上がれば時給も跳ね上がるので、実績を積み重ねて単価アップを目指すことも大事です。

ざっくりと、Webライターが副業で月5万円稼ぐイメージができたでしょうか?次は、具体的な仕事の種類をみていきます。

その②:Webライターの仕事の種類を知る

Webライターの仕事の種類は、Webメディアの記事作成全般です。

具体的には、

  • 企業メディアのSEO記事の執筆
  • ニュースメディア記事の執筆
  • メルマガなどの執筆
  • 本やKindleの編集

などがあります。

とはいえ、案件数としては企業メディアのSEO記事作成が圧倒的に多いです。

ですので、まずは基本的なWebライティングを学び、SEOに強いライティング術を身につけると良いですよ。

その③:Webライティングの書き方を学ぶ

次は、Webライティングの書き方を学びましょう。

無料で学びたい方は、以下の記事をご覧ください。完全版として、月10万円は稼げるWebライティングの基本をまとめております。

有料のスクールでガッツリと学びたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

これから本気で稼ぎたい人は、スクールを受講することをおすすめします。とはいえ、試してみる感じなら、僕の記事を参考に無料で学んでいただければ幸いです。

その④:WordPressブログを開設する

次は、WordPressでブログを開設しましょう。

ブログを開設する理由は、以下の通りです。

ブログを開設すべき理由
  • 実績になるので案件が受注しやすい
  • WordPressが使えると案件の幅が広がる
  • Webライティングの練習になる
  • 案件の受注単価を上げやすい

有料スクールに通うよりも、先にブログを開設することの方が重要ですよ。

ブログを持っている人とそうでない人とでは、稼ぎやすさが全く変わるので迷わず開設しておきましょう。

Webライターがブログを書くべき理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

その⑤:ブログを5本書いて練習する

ブログを開設したら、5本くらい記事を書いて練習してみましょう。

なお、練習とはいえ書いた記事は実績として、案件獲得へのアピールに使えるので、本気で書くことが大切です。

5本くらい書いてみると、だいぶ慣れてきますよ。
あきはる

ブログを書けば練習になる上に、将来的にアフィリエイトで収益化することもできるので、無駄にはなりません。

たくさん書いて練習してみましょう。

その⑥:クラウドソーシングに登録する

次は、クラウドソーシングに登録を行いましょう。

手軽に案件を獲得するには、まずはクラウドソーシングを利用するのが一般的です。

Webライターは以下のクラウドソーシングはすべて登録しておくことをおすすめします。

人気クラウドソーシング

他のクラウドソーシングは以下の記事にまとめております。

その⑦:プロフィールを充実させる

クラウドソーシングに登録したら、次はプロフィールなどの設定を行い充実したアカウントを作っていきましょう。

なぜなら、プロフィールが充実していればお客さんも安心するので、受注しやすくなるからです。

プロフィールのポイントとしては、以下です。

プロフィールのポイント
  • アイコンは顔写真にする
  • 人柄をしっかり伝える
  • 自分ができることを伝える
  • 仕事で心がけることを伝える

などなど。要するに、「信頼できる人だなぁ」と思ってもらえるプロフィールを作ることが大切です。

プロフィールの作り方は、ココナラの始め方という以下の記事で丁寧に解説しています。

その⑧:文字単価1.0円の案件に10件以上提案

さて、いよいよ案件に応募していきましょう!

Webライターの案件は「文字単価◯円〜」といった要件になっていることが多いです。

全く実績がない人は、まず文字単価1.0円〜の案件に10件以上応募してみましょう。

応募する際の提案文では、ブログをアピールすると受注しやすいですよ。
あきはる

受注できる提案文の書き方は、以下の記事を参考にしてください。

その⑨:受注できたら丁寧かつ素早く納品する

10件ほど提案してうまくいけば、2,3件は受注できるはずです。

受注ができたら丁寧な仕事でスピーディに納品しましょう。

なお、Webライターの案件はマニュアルが用意されていることがほとんどなので、マニュアルを参考にしながら仕事できますよ。

クライアントと上手にコミュニケーションを取りながら、納品まで頑張りましょう。

その⑩:継続依頼に繋げて月収5万円達成

良い仕事をすれば継続案件を受注することができるので、月5万円は難しくありません。

最初は仕事が遅い上に単価が安くてシンドイかもしれませんが、だんだん慣れてきたら稼ぎやすくなりますよ。

それまでは目の前の仕事に全力で向かっていき、クライアントへの価値提供に尽力しましょう!
あきはる

Webライターの始め方は以下の記事でも解説しているので、併せて参考にしてみてください。

未経験からWebライター副業を始める際の注意点3つ

未経験からWebライター副業を始める際の注意点3つ

次に、Webライターの副業を始める際の注意点をご紹介します。

最初は仕事が遅い上に単価が安くてシンドイかもしれませんが、だんだん慣れてきたら稼ぎやすくなりますよ。

Webライター副業の注意点
  1. 文字単価1.0円未満の案件は受注しない
  2. 他の記事のコピペは絶対にしない
  3. 稼げなくても焦らないこと

1つずつ簡単に解説していきます。

注意点①:文字単価1.0円未満の案件は受注しない

まず、文字単価1.0円未満の案件は受注してはいけません。

なぜなら、単価が安すぎて稼げないからです。

普通にブログを書いていれば、文字単価1.0円以上の案件でも受注できますからね。
あきはる

僕自身もブログを書いていたので、初案件から文字単価1.0円以上の案件を受注するのは簡単でしたよ。

文字単価0.5円とかの案件をやると稼げない上に、大した実績にもならないので要注意です。

注意点②:他の記事のコピペは絶対にしない

Webライターは他人が書いた記事のコピペは絶対にしてはいけません。

コピペ記事を納品するとクライアントの信用を落とすだけでなく、著作権侵害で損害賠償請求を受ける恐れもありますので。

コピーを避けるには、コピペ率をチェックするツールもあるので、そちらも使ってみても良いかと。
あきはる

無料のコピペチェックツールは、以下の2つです。

最低でもコピペ率50%以下、できれば40%以下を目安にして記事が書けるとよいでしょう。

コピペしないのは常識ですが、改めてしっかりと認識しておくことが大切です。

注意点③:稼げなくても焦らないこと

注意点3つ目は、稼げなくても焦らないことです。

特に、Webライターは最初は作業が多い割に稼げにくいかもしれません。

ですが、しっかりと実力がついてこれば単価が上がり、仕事も増えてめちゃくちゃ稼ぎやすくなります。

なので、最初に稼げなくてもブログを書いたり、案件対応をしたりと、信頼と実績を積み上げていくことが大事です。

長期目線で継続していくことを意識して取り組みましょう。

【実体験】未経験からWebライター副業で初月10万円稼げた!

【実体験】未経験からWebライター副業で初月10万円稼げた!

僕の実体験として、未経験からWebライターを始めてみたところ、初月で10万円ほど稼げました。

その要因としては、やはり運営していたブログをアピールして提案したことです。

文字単価も1.0円以上ばかりが受注できたので、作業すればするだけ稼げるという状況でした。

やはり、ブログがあるだけで「実績がある人」と認識されるので、未経験からでも一般的な単価で受注しやすくなります。

これからWebライターを始めるなら、最初にブログを書くと得することが多いですよ。
あきはる

以下の記事より、10分でブログを始められるのでぜひやってみてください。

まとめ:Webライター副業で月5万円稼ぐのは余裕です!

まとめ:Webライター副業で月5万円稼ぐのは余裕です!

今回は、Webライター副業で月5万円稼ぐステップを徹底解説しました。

正直、Webライターとして月5万円稼ぐのは、誰でもできます!

まずは、ブログを書いたり、案件に応募したりと、行動に移してみましょう。

ぜひ、頑張ってくださいね。

今回は以上です。

以下の記事も読まれています。

関連記事:こちらの記事も読まれています。

Twitterでも発信をしているので、ぜひチェックしてください。

Twitterはこちら→あきはる

最後のまで読んでいただき、ありがとうございました。

良ければ、シェアしてくれると嬉しいです。

ライバルが少ない『今』が大チャンス!

ココナラが運営するクラウドソーシング『ココナラエージェント』 が新登場!

✔︎ ココナラよりもライバルが少ない!
✔︎ ココナラよりも高単価な案件が多数!
✔︎ 無料で登録できる!利用料も無料!

ライバルが増える前に、無料で始めよう↓
公式サイト:ココナラエージェント

※無料で登録可能!解約もいつでもOK!

\ココナラが運営する新サービス/

ココナラエージェントの公式サイトはこちら

※1分で無料登録できます!

  • この記事を書いた人

あきはる

『完全未経験から月20万円稼げるフリーランスを増やす!』をテーマに発信しています。大学卒業→営業職→未経験からWebフリーランス→Twitterフォロワー7,000人以上|ブログ月間1.2万PV。『フリーランス大学』の編集長です。

-Webライティング