Webライティング

Webライター初心者の収入はいくら?【月10万円稼ぐ方法を解説】

こんにちは、あきはるです。

悩む人
Webライター初心者の収入ってどのくらい?

Webライターとして稼ぎたいので、収入を上げる方法を教えてください。

こんな疑問に答えます。

「Webライターは初心者でも稼げる!」と言われますが、実際はどうなのでしょうか。

結論から言うと、Webライターは初心者からでも月5万円〜20万円の収入を得ることは十分に可能です。

僕自身も未経験からWebライターを始めて、初月で10万円ほど稼げましたよ!
あきはる

そこで本記事では、僕の体験を元にWebライター初心者が稼げる収入の目安と、収入を上げていく方法を徹底解説いたします。

本記事の内容

  • Webライター初心者の収入について
  • 初心者が初月で10万円稼ぐ手順
  • Webライターが収入を上げる方法
本記事の執筆者

あきはる プロフィール
  • Webライティング歴1年以上
  • Webライター初月10万円以上

Twitter(https://twitter.com/akiharu_0309/

それでは、始めていきます。

【実体験】Webライター初心者の収入はいくら?

【実体験】Webライター初心者の収入はいくら?

まず、Webライター初心者の収入はいくらなのでしょうか。

結論として、Webライターは初心者でも月5万円〜10万円くらいはすぐに稼げるといえます。

そして実績と信頼を積んでいけば、初心者からでも月収20万円〜100万円と収入を伸ばしていくことができるでしょう。

そこで、まずはWebライター初心者の一般的な収入の目安をみていきますね。

Webライター初心者の収入の目安

Webライター初心者の収入の目安としては、以下の通りです。

Webライター初心者の収入

ライター歴文字単価収入目安
1〜3ヶ月0.5〜1.5円月収5〜15万円
3〜6ヶ月1.0〜2.0円月収5〜20万円
6〜12ヶ月1.5〜2.5円月収10〜30万円
12ヶ月〜2.0円〜月収20万円〜
例えば、文字単価1.0円で1ヶ月で10万文字を執筆すれば、月10万円ほどの収入になるイメージですね。
あきはる

もちろん、稼働時間は人それぞれですので、あくまで収入の目安としてお考えください。

Webライター初月で10万円の収入

実際に、僕自身がWebライター初心者から初月で10万円ほど稼ぐことができました。

収入の内訳としては、

  • 文字単価1.2円ほどの記事作成8本
    →40,000円〜50,000円
  • 文字単価1.0円ほどの記事作成2~3本
    →10,000円〜20,000円
  • 見出し構成を作成する案件を20本以上
    →30,000円〜40,000円

という感じです。

それまで全くWebライター業をやってこなかったのですが、初月で10万円稼げたのはかなり嬉しいですね。
あきはる

なお、最初から文字単価1.0円以上の案件ばかり受注できたのは、僕が運営しているブログを実績としてアピールしたからです。

ブログを書いておくと文字単価が高くなりやすいので、Webライターにブログは必須ですよ。

Webライターがブログを書くメリットはたくさんあるので、以下の記事も参考にしてください。

Webライターは初心者でも稼ぎやすい

Webライターは全くの初心者でもすぐに収入を得られる仕事です。

というのも、クライアントのマニュアルにそって文章を書くだけなので、ぶっちゃけ誰にでもできますから。

特に、高額な初期投資も必要がなく、クラウドソーシングで応募すればその日からWebライターとして稼ぐことができます。

僕自身も、「Webライターやってみるか!」と思い、すぐにクラウドソーシングで提案して受注できましたからね。
あきはる

副業やフリーランス初心者には、Webライターは本当におすすめですよ。

では、次からWebライターとして稼いでいくための具体的な手順を解説しますね。

Webライター初心者が月10万円の収入を稼ぐ手順

Webライター初心者が月10万円の収入を稼ぐ手順

Webライター初心者が最速で月10万円の収入を得る手順は、以下の通りです。

Webライター初心者が収入を得る手順

  1. Webライターの仕事内容を知る
  2. WordPressブログを開設する
  3. Webライティングの書き方を学ぶ
  4. 実績としてブログを1記事書いてみる
  5. クラウドソーシングで提案する
すべて実践すれば、月10万円くらいは余裕ですよ!
あきはる

1つずつ解説していきます。

手順①:Webライターの仕事内容を知る

Webライター初心者が収入を得る手順1つ目は、Webライターの仕事内容を知ることが大切です。

Webライターの主な仕事の内容は、以下の通り。

Webライターの仕事内容

  • 企業メディアのSEO記事執筆
  • ニュースやコラム記事執筆
  • ホームページの文章執筆
  • メルマガや公式LINEの文章執筆

中でも、企業のメディアのSEO記事を執筆する案件が大半を占めているので、まずはSEO記事を書けるようにすると稼ぎやすいといえます。

SEOとは、Google検索で上位表示するための概念です。

Webライターの仕事内容について、詳しくは以下の記事で解説しております。

手順②:WordPressブログを開設する

Webライター初心者が収入を得る手順2つ目は、WordPressでブログを開設することです。

「ん、なんでブログ?」と思った方もいるかもしれませんが、Webライターとして収入を得るにはブログは必須です。

なぜなら、WordPressでブログを書くとSEOの知識を身につけることができる上に、ライティングの実績になるため、案件を受注しやすくなるからです。

SEOの知識が身につけば、高単価な案件も受注しやすくなりますよ。

実際、僕は案件に応募するとき、過去に書いたブログ記事をアピールしたので、最初から文字単価1.0円以上の案件が簡単に受注できました。

そのおかげで、Webライター初月から10万円の収入をGETできましたよ。
あきはる

特に、初心者Webライターはブログがあるかないかで、稼ぎやすさが全く変わってくるため、ブログは必須だといえるでしょう。

Webライターとしてすぐに収入をGETしたい方は、今のうちにブログを開設しておくことをおすすめします。

手順③:Webライティングの書き方を学ぶ

Webライター初心者が収入を得る手順の3つ目は、Webライティングの基本的な書き方を学ぶことです。

Webライティングを書く上で意識すべきことは、『読者が求める情報を的確に伝えること』です。

例えば、「英語 学習」と検索してくる読者に対しては、「英語が身に付く学習方法を教えます」という記事を書いて、読者の疑問に的確に答えていくイメージです。

Webライティングの書き方については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

なお、もっと詳しくWebライティングを学びたいという方は、Udemyの講座がおすすめです。

僕もUdemyでWEBライティングをマスターする!ゼロから始めるライティング講座|講師:岡筋 耕平という講座を受講しましたが、とてもわかりやすくて、コスパ最強でした。

Udemyは割引セールのとき、通常2万円以上の講座が2,000円くらいで買えるので、そのチャンスを逃さないようにしましょう!

>>【期間限定セールあり】Udemyの公式サイトはこちら

※僕が受講した講座は【Webライティング マスター】で検索すると1番上に出てきます!

手順④:実績としてブログを1記事書いてみる

Webライター初心者が収入を得る手順の4つ目は、実際にブログを書いてみましょう。

先ほども伝えた通り、ブログを書くとそれがWebライティングの実績になるので、受注の確率が上がったり、高い文字単価で受注できたりします。

実際に、僕も自分のブログをアピールして受注しまくったので、効果は抜群です。
あきはる
【補足】ブログはWordPressを使うべき

なお、補足としてブログを立ち上げる場合は、絶対にWordPressでブログを立ち上げましょう。

というのも、クライアントのメディアがWordPressを使っていることが大半なので、WordPressに使い慣れておくとよいです。

WordPressが使えるだけで案件が受注できたり、単価アップできたりもしますからね。
あきはる

間違っても、変なブログサービスを利用しないようにご注意を。

WordPressブログのメリットは以下で詳細に解説しているので、そちらも参考にしてください。

手順⑤:クラウドソーシングで提案する

Webライター初心者が収入を得る手順の5つ目は、クラウドソーシングで案件に応募することです。

ぶっちゃけ、クラウドソーシングで案件を受注するのはそこまで難しくありません。

ブログをサクッと1記事書いて、それを実績としてアピールすれば文字単価1.0円以上の案件も受注できますよ。

なお、受注しやすくなる提案文の書き方は、以下の記事を参考にしてください。

また、Webライターにおすすめの稼ぎやすいクラウドソーシングは以下です。

Webライター向けクラウドソーシング

上記は全て無料ですので、まとめて登録しておきましょう。

その他のクラウドソーシングは以下の記事にまとめているので、そちらも参考にどうぞ。

Webライター初心者が収入を上げる5つの方法

Webライター初心者が収入を上げる5つの方法

最後に、Webライター初心者がどんどん収入を上げていく方法をご紹介します。

収入を上げるには、以下の5つを意識しましょう。

Webライターが収入を上げるコツ

  1. 文字単価1.0円未満の案件はやらない
  2. スクールを受講しスキルを高める
  3. 文字単価アップの交渉を行う
  4. SEO対策のスキルを高める
  5. 専門分野の高単価案件を受注する

1つずつ解説していきます。

その①:文字単価1.0円未満の案件はやらない

まず、Webライターは初心者だとしても、文字単価1.0円未満の案件は受注してはいけません。

というのも、文字単価1.0円未満だと安すぎて、案件対応に疲弊するからです。

例えば、文字単価0.5円だとして、一生懸命に3,000字ほどの記事を3時間で書いた場合は、収入は1,500円ほど。時給にすると、たった500円。

「実績作りのために、単価0.5円でも受注しよう!」という意見があったりしますが、さすがに0.5円とかは安すぎるのでやめましょう。

いくら初心者でも、普通にやっていれば単価1.0円以上で受注できますからね。
あきはる

その②:スクールを受講しスキルを高める

Webライター初心者が収入を上げるには、スキルを高めることも大事です。

そのためには、Webライタースクールを受講してみるのもよいでしょう。

なぜなら、スクールを受講すると、実力のある講師に添削してもらえたりするので、効率よくスキルアップ・収入アップを目指せますよ。

僕もスクールを受講したことがありますが、講師から添削を受けられるのですぐに結果が出ましたよ。
あきはる

おすすめのWebライティングスクールは以下の記事で丁寧に解説しております。

その③:文字単価アップの交渉を行う

Webライターの収入アップに欠かせないのが、文字単価を上げるためのお客さんへの交渉です。

例えば、交渉が成功して文字単価1.0円の案件が文字単価2.0円になれば、シンプルに収入が2倍になりますからね。

Webライターが収入を上げるには、スキルを磨くのと同じくらい、単価交渉や営業力も大事になりますよ。

【補足】単価交渉を成功させるコツ

文字単価アップの交渉を成功させるポイントとしては、お客さんから絶大な信頼を得ることです。

お客さんから「この人が抜けると困るな」と思わせておくと、単価アップの交渉がうまくいきやすいです。

例えば、毎月15本の記事を納品するライターがいるとして、その人が抜けると別の人で15本の記事を補う必要がありますよね。


そこで新しい人を探す手間や、記事の品質が不安だったりすることを考えると、単価アップしてでも15本を納品してくれるライターを残しておきたいと考えます。

そういうイメージで、お客さんから信頼を勝ち取っておくと、単価アップしやすいといえます。

その④:SEO対策のスキルを高める

Webライター初心者が収入を高めるには、SEO対策のスキルを上げることが大事です。

なぜなら、SEOでGoogle検索の上位を取れるなら、そのメディアは儲かります。


そのため、メディアの運営者はSEOに強いライターにお金をたくさん払うので、SEOに強いライターは稼ぎやすいというわけです。

そして、SEOスキルを身につけるには、間違いなくブログ運営が最も効果的です。

僕もブログでSEOを身につけ、クライアントに提案してますからね。
あきはる

ブログに必要なレンタルサーバーは、国内シェアNo.1のXserver(エックスサーバー)がおすすめです。(僕も使ってます)

キャンペーン中なので、今のうちに始めておきましょう。

>>【キャンペーン中】Xserverでブログを開設する

エックスサーバーの公式サイトからブログを始められますよ。なお、詳しい解説は以下の記事を参考にしてください。

その⑤:専門分野の高単価案件を受注する

Webライターが収入を高めるには、専門分野で高単価案件を狙ってもよいでしょう。

例えば、不動産、医療関係、金融系などの分野が執筆できるライターは文字単価3.0円〜10.0円ほどの高単価案件が受注できます。

なぜなら、それらの儲かる分野で記事が書けるライターは少ないので、クライアントはライターにたくさん報酬を支払うからです。

文字単価10.0円とかなら、文字単価1.0円の初心者ライターの10倍の収入を得られますからね。
あきはる

もちろん、それには専門知識やリサーチなどもより高度なものが必要になりますが、ライターとして稼ぐにはその道もありですよ。

以上が、Webライター初心者が収入を上げる方法でした。

ぜひ、実践してみてくださいね。

まとめ:Webライターは初心者でも収入を得やすい

まとめ:Webライターは初心者でも収入を得やすい

今回は、Webライター初心者の収入の目安と、収入を上げていく方法をご紹介しました。

ぶっちゃけ、Webライターは初心者でも稼ぎやすい上に、収入をどんどん上げていける仕事です。

興味がある方は、まずはブログ記事を書くことから始めてみてください。

>>【キャンペーン中】Xserverでブログを開設する

今回は以上です。

以下の記事も読まれています。

関連記事:こちらの記事も読まれています。

Twitterでも発信をしているので、ぜひチェックしてください。

Twitterはこちら→あきはる

最後のまで読んでいただき、ありがとうございました。

良ければ、シェアしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人

あきはる

『完全未経験から月20万円稼げるフリーランスを増やす!』をテーマに発信しています。大学卒業→営業職→未経験からWebフリーランス→Twitterフォロワー7,000人以上|ブログ月間1.2万PV。『フリーランス教室』の編集長です。

-Webライティング