Webライティング

【完全版】Webライティングの書き方を徹底解説【初心者向け】

こんにちは、あきはるです。

悩む人
Webライターとして稼ぎたいけど、記事の書き方がわかりません。

Webライティングの基本の書き方を教えてください。

こんな疑問に答えます。

最近は、Webライターとして副業で稼ぐ人が増えてきていますよね。

実は、Webライティングは学校で習ったような紙媒体の文章とは書き方が全く異なるのです。
あきはる

そのため、Webライターとして稼ぐには、Webライティングの書き方の基本をマスターすることが大切です。

そこで今回は、Webライティングの書き方の基本をわかりやすく徹底解説いたします。

Webライターやブロガーとして稼ぎたい方は、ぜひ参考にしてください。

本記事の内容

  • Webライティングの書き方の基本
  • Webライティングを書く前の準備
  • Webライティングの書き方の手順5つ
  • Webライティングの書き方のコツまとめ
本記事の執筆者

あきはる プロフィール
  • Webライティング歴1年以上
  • Webライター初月10万円以上

Twitter(https://twitter.com/akiharu_0309/

それでは、早速始めていきましょう!

Webライティングの書き方とは?基本を解説!

Webライティングの書き方とは?基本を解説!

まず、Webライティングの書き方の基本や前提となる考え方をご紹介します。

先ほどもお伝えしたように、Webライティングは紙媒体の文章とは書き方が違います。

そのため、Webライティングの書き方の基本をおさえて、失敗しない記事が書けるようにしましょう!
あきはる

Webライティングは「読者ファースト」を徹底する

Webライティングの書き方の本質は、「読者ファースト」の記事にすることです。

なぜなら、Web媒体の読者は悩みを解決するために記事を読むからです。

例えば、「日本で最も面積が大きい都道府県は?」と検索したときに、「北海道です!」とすぐに答えがわかる記事を書くようなイメージです。

結論から先に書くのがポイントです!
あきはる

反対に、「日本の歴史から紐解くと、、〇〇で、、、△△ということもあり、だから、結果として北海道の面積が1番大きいのです。」というように、結論が1番最後に書いてあると、読者は離脱してしまい、最後まで読まれない記事になってしまいます。

そして、検索エンジンであるGoogleは読者の悩みを素早く解決する記事を高く評価することが決まっています。

なので、読者ファーストの記事を書くと、読者にもGoogleにも高い評価を得られて、良い記事だということになります。

Webライティングの基本は「PREP法」を使う

Webライティングの文章の書き方は、「PREP法」を使いましょう。

PREP法とは、以下で構成されるわかりやすい文章が書けるテンプレートです。

PREP法の書き方テンプレート

  1. Point :要点(主張)
  2. Reason :理由
  3. Example:具体例
  4. Point :要点(結論)
このPREP法に当てはめるだけで、誰でもわかりやすいWebライティングが書けるようになりますよ。
あきはる

例えば、以下のように使います。

  1. 【主張】このお店のラーメンはとても美味しいです。
  2. 【理由】なぜなら、お店の店主が材料にまでこだわって作っているからです。
  3. 【具体例】具体的には、厳選したレアな豚骨から出汁をとったり、麺の小麦粉もレアなものを使ってます。
  4. 【結論】材料にまでこだわっているから、ここのラーメンは美味しいのです。

どうでしょうか。このように、PREP法に当てはめるだけで、スムーズに文章が書けるようになります。

Webライティングは読者の悩みを解決する

Webライティングの内容で意識すべきことは、「読者の悩みを解決すること」です。

具体的には、「誰の?」「どんな悩みを解決するのか?」ということを意識すると、必ず良い記事が書けます。

例えば、「運動せずにダイエットを成功させたい人」に対して、「運動せずにダイエットを成功させる3つの方法」という記事を書くようなイメージです。

反対に、「僕の今日の夜ご飯はラーメンでした」というような、誰の悩みも解決してない日記のような記事を書くと、Googleからも評価されないためWebライティング的には良い記事とはいえません。

Webライターやブロガーとして稼ぎたいなら、読者の悩みを解決する記事を書くことを意識しましょう。
あきはる

Webライティングの書き方の準備【リサーチが鍵】

Webライティングの書き方の準備【リサーチが鍵】

次は、Webライティングを書く際にやるべき準備を解説していきます。

Webライティングで良い記事を書くには、リサーチが大事です。いきなり文章を書き始めるのではなく、しっかりとリサーチを行い準備してから記事を書きましょう。

Webライティングを書く前にやるべき準備は、以下の通りです。

Webライティングの書き方の準備

  1. 記事を書く目的を明確にする
  2. SEOのキーワードを決める
  3. ターゲット(ペルソナ)を明確にする
  4. 読者が知りたいことを洗い出す
  5. 自分の立場を確認する

それぞれ解説していきます。

その①:記事を書く目的を明確にする

まず、記事を書く目的を明確にしましょう。

なぜなら、記事の目的が明確でないと、文章の道筋が崩れたり、伝えたいことが的確に伝わらなかったりするからです。

「なんのために記事を書くのか?」「読者に何を伝えたいのか?」などを言語化しておくと良いでしょう。

僕もブログ記事を書くときは「集客のための記事」や「収益につなげる記事」のように、目的を明確にしています。
あきはる

その②:SEOのキーワードを決める

次は、SEOで検索上位を狙いたいキーワードを決めましょう。

キーワードとは、「英語 学習 始め方」というような、読者が検索するキーワードです。

基本的に、Webライティングを行う際は、必ず狙うキーワードを決めて、そのキーワードで検索してくる読者の悩みを解決する記事を書く必要があります。

読者が検索するキーワードの需要を調べるには、「Googleキーワードプランナー」や「ラッコキーワード」といったツールを使いましょう。

その③:ターゲット(ペルソナ)を明確にする

SEOで検索上位を狙うキーワードを決めたら、ターゲットとなる想定読者を設定しましょう。

例えば、「英語 学習 始め方」というキーワードで検索してくる読者は、英語学習を始めたいと思っている人ですよね。

想定読者はできる限り細かく設定した方が、より悩みに適切に答える記事を書くことができるようになります。

「想定読者がどんな人物像かよくわからない」という方は、一度そのキーワードで検索してみると良いですよ。
あきはる

既にたくさんの記事が出てくるので、上位10位以内の記事にざっくりと目を通して、読者像を明確にしておきましょう。

その④:読者が知りたいことを洗い出す

ターゲットを設定したら、その読者が知りたいことを洗い出しましょう。

先ほどと同じように、設定したキーワードで実際に検索をしてみて、読者が求めている内容をリサーチするようにしましょう。

ポイントとしては、「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」を見極めることです。

顕在ニーズとは読者が意識的に知りたがっていることですが、潜在ニーズとは読者自身も気づいていない本当に知りたいこと、というイメージです。

例えば、「コーヒーが飲みたい!」ということに対する、顕在ニーズはコーヒーが飲みたいということですが、潜在ニーズは「カフェインを摂取して眠気を覚ましたい」ということだったりします。

このように、Webライティングを書く際も読者の顕在ニーズと潜在ニーズを明確にしてから記事にすると、より読者のニーズに刺さる記事が書けます。

その⑤:自分の立場を確認する

最後は、Webライティングを書く際の執筆者である自分の立場を確認しましょう。

というのも、自分の立場によって、記事の説得力が変わるからです。

例えば、自分が男で化粧をしたことがないのに「女性向け!化粧のやり方を徹底解説!」という記事を書いても、説得力に欠けますよね。

執筆者自身が説得力のある立場だと、より読まれる記事が書けるのでその点も意識することが大切です。

Webライティングの書き方の5つの手順

Webライティングの書き方の5つの手順

次は、Webライティングの書き方の手順をご紹介します。

Webライティングは正しい手順で書くことによって、スムーズにより良い記事が書けるようになります。ぜひ以下の順序を意識してみてください。

手順は以下の通りです。

Webライティングの書き方の手順

  1. 記事の「タイトル」を決める
  2. 記事の「見出し」を決める
  3. 記事の「導入文」を書く
  4. 記事の「本文」を書く
  5. 全体を読み返して修正する

それぞれ解説していきます。

手順①:記事の「タイトル」を決める

手順の1つ目は、記事のタイトルを決定しましょう。

なぜなら、タイトルを決めることで記事で伝えたいことが明確になるからです。そうすることで、途中で迷子になったり、話がそれたりしにくくなります。

タイトルをつける際は以下の点を意識しましょう。

記事タイトルをつけるポイント

  • キーワードを入れる
  • 悩みを解決できることがわかる
  • 具体的な数字を入れて興味を引く
  • 32文字以内におさめる

具体例としては、以下のような感じです。

  • 【例1】英語学習の始め方!社会人から英語を始める人向け5つの独学方法
  • 【例2】【まずは3キロ減!】失敗しないダイエットの始め方を丁寧に解説!

このように、タイトルを見ただけで記事の内容がわかるようにして、キーワードも含めておくと良いでしょう。

手順②:記事の「見出し」を決める

タイトルを決めたら、次は記事の見出しを決めましょう。

見出しは記事の骨組みの役割があるので、最初に決めることで論点がそれにくくなります。

書き方のコツとしては、意味のまとまりを考えることです。

例えば、「英語学習の始め方」という大きな見出しの中に、小見出しを入れる場合は、「手順①:〇〇」「手順②:〇〇」「手順③:〇〇」というように、小見出しの意味合いを統一させるようにしましょう。

意味のまとまりごとに見出しを作れば、必然的にわかりやすい記事ができますよ。

手順③:記事の「導入文」を書く

タイトルと見出しが決まったら、次は導入文を書いていきましょう。

導入文とは、記事の始めに読者の興味を引くための文章を書く部分で、Webライティングにおいて重要な役割があります。

導入文を書くポイント

  • 読者の悩みを明確にする
  • 読者の悩みに共感する
  • 読者の悩みが解決することを伝える
上記の点を意識すると、良い導入文が書けますよ。
あきはる

例えば、以下のような感じです。

【読者の悩みを明確にする】英語学習を始めたいけど、何から始めたらいいかわからない。そんなお悩みを抱えていませんか?【読者の悩みに共感する】その気持ちとてもわかります。英語学習を始めようと思っても、学習方法があっているのか心配になったりしますよね。【読者の悩みが解決することを伝える】そこで今回は、最短で英語を習得する学習の始め方を解説します。

この3点だけ押さえておけば、読者に刺さる導入文が簡単に作れるようになりますよ。

手順④:記事の「本文」を書く

次は、記事の見出しにそって本文を書いていくだけです。

このときに意識するのは、既に解説済みの「PREP法」です。「PREP法」の書き方のテンプレートに当てはめながら、読者ファーストの記事を書いていきましょう。

Webの文章は後からでも修正が出来るので、まずはサクサクと軽快に書いていくことが大切です。

手順⑤:全体を読み返して修正する

最後に全体を読み返して、修正を行いましょう。

Webライティングは読者にわかりやすく適切な情報を伝えることが大事です。

文章を書いたあとでも修正してOKなので、何度も読み返してより良い記事に仕上げていきましょう!
あきはる

特に、「わかりにくい表現がないか」や「伝えたいことがちゃんと伝わるのか」といった点を確認すると良いでしょう。

Webライティングの書き方のコツまとめ

Webライティングの書き方のコツまとめ

次は、Webライティングの書き方のコツをまとめてご紹介します。

Webライティングの書き方のコツ

  1. ひらがなと漢字のバランスを整える
  2. 改行を使って読みやすくする
  3. 具体例や体験談を入れる
  4. 読者の役に立つ内容にする
  5. 絶対にコピペはしない
  6. 自分の主張は断言する
  7. 難しい言葉や単語は使わない

簡単にそれぞれ解説していきます。

ひらがなと漢字のバランスを整える

Webライティングを書くときは、ひらがなと漢字のバランスを調整しましょう。

なぜなら、バランスを整えることで読みやすくなるからです。

学生の頃は、「漢字で書けるところは漢字で書く」というのが常識だったかもしれませんが、Webライティングでは「わかりやすさ・読みやすさ」の方が大事です。

漢字ばかり続くと見づらかったり、ひらがなばかりだと意味がわかりにくかったりします。その辺を調整して、わかりやすい文章を心がけましょう。

改行を使って読みやすくする

文字が詰め詰めだと文章が読みづらいので、適宜「改行」を入れることで読みやすくしましょう。

具体的には、スマホ画面で見て3〜4行を超えてしまうなら、改行した方が良いでしょう。

基本的には、1文ごとに改行をするのがおすすめですよ。
あきはる

繰り返しですが、Webライティングでは、常に「読者ファースト」を意識して書くことが大切です。

具体例や体験談を入れる

Webライティングの記事には、具体例や体験談を豊富に入れることをおすすめします。

というのも、具体例や体験談などの1次情報を入れるとわかりやすい記事になって、読者からもGoogleからも良い評価を得られやすくなります。

記事の評価が高いと、Googleの検索順位も上がるので、たくさんの人に読まれる記事になりますよ。

読者の役に立つ内容にする

Webライティングで記事を書く際は、読者にとって役に立つ内容にすることが大事です。

芸能人が書くような日記のようなブログ記事は、基本的には評価されにくいのでおすすめできません。

どんな情報だとしても、読者の役に立つ形で届けることを意識しましょう。

絶対にコピペはしない

Webライティングでは、他の人のブログ記事などを絶対にコピペしてはいけません。

コピペはそもそも犯罪行為になる上に、Googleからも「コピーコンテンツ」として著しく低い評価を受けてしまい、サイト全体の評価が低下してしまいます。

Webライティングを行う以上、他者のコンテンツにも敬意を払って誠実に対応することが大事です。

自分の主張は断言する

Webライティングでは、自分の主張は断言して述べたほうが良いです。

というのも、「〜だと思います」「〜と誰かが言っていました」というような、曖昧な表現をすると説得力に欠けてしまい読者も離脱します。

自分の意見は、はっきりと「〇〇です。」と断言するようにしましょう。

断言したほうが、読まれる文章になりますよ。
あきはる

難しい言葉や単語は使わない

Webライティングでは、難しい言葉や表現、難しい単語などは使わないようにしましょう。

もし、難しい言葉を使う必要がある場合でも、わかりやすく噛み砕いて素人でもわかる文章にすることが大切です。
あきはる

なぜなら、専門用語ばかり使って読者に意味が伝わらないと、離脱されてしまい評価が落ちるからです。

難しい言葉をいかにわかりやすく、シンプルに伝えることが出来るかがWebライティングの大事なポイントでもあります。

以上の点を意識すると、より良い記事を書くことができますよ。

Webライティングの書き方を上達させるにはブログが1番!

Webライティングの書き方を上達させるにはブログが1番!

最後に、Webライティングのスキルを素早く上達させる方法を解説します。

結論、ブログ運営です。

ブログ記事もWebライティングと全く同じです。そのため、ブログを書くことでWebライティングのスキルは爆上がりしますよ。
あきはる

特に、Webライティングでは、Googleの検索上位をとる記事が書ける人が重宝されるので、ブログを運営して検索上位をとるコツを掴むことができれば、Webライターとしても一気に稼ぎやすくなるのです。

他にもWebライターがブログを書くメリットはたくさんあるので、詳しくは以下の記事をご覧ください。

もちろん、ブログで稼ぐまでには時間がかかりますが、ブログ記事を実績としてWebライティングの案件も受注できたりしますよ。

実際に僕もブログを実績としてアピールして、Webライティング案件で初月10万円ほど稼ぐことができました。
あきはる

ブログを運営すると、Webライティングスキルの向上と、ブログ自体が実績になり案件獲得ができます。

Webライターとして稼ぎたい人には、ブログ運営は必須だといえます。

Webライティングで稼ぎたい方は、以下の記事を参考にブログを始めてみてください。

まとめ:Webライティングの書き方を徹底解説!

まとめ:Webライティングの書き方を徹底解説!

今回は、Webライティングの書き方を徹底解説しました。

Webライターやブロガーとして稼ぎたい人は、Webライティングのマスターが必須です。

ぜひ、今回の記事を何度も読み返していただき、Webライティングの書き方をマスターしてもらえたら幸いです。

ちなみに、Webライターが案件を初獲得するには、クラウドソーシングがおすすめです。以下の記事で、ライター向けのクラウドソーシングを紹介しています。

今回は以上です。

以下の記事も読まれています。

関連記事:こちらの記事も読まれています。

Twitterでも発信をしているので、ぜひチェックしてください。

Twitterはこちら→あきはる

最後のまで読んでいただき、ありがとうございました。

良ければ、シェアしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人

あきはる

『完全未経験から月20万円稼げるフリーランスを増やす!』をテーマに発信しています。大学卒業→営業職→未経験からWebフリーランス→Twitterフォロワー7,000人以上|ブログ月間1.2万PV。『フリーランス教室』の編集長です。

-Webライティング