Web制作

Web制作フリーランス、初案件の獲得方法は?【準備すべきことも解説】

Web制作の学習をしている方へ

どうも。あきはる(@akiharu_0309)です。

悩む人
Web制作で初案件を受注するには、どんな方法があるの?Web制作案件の受注に向けて、準備すべきことなども知りたい!

こんな疑問に答えます。

Web制作初心者にとって、初案件の受注に向けてクラウドソーシングでの提案からスタートする人って多いですよね。

ProgateやスクールでWeb制作を必死に勉強してきて、、いざ提案へ…!

おい!競合多すぎだろっ!

そんな叫び声をあげたことはありませんか?

そうなんです。クラウドソーシングは競合が多い傾向にあるんです。

でも大丈夫です。

案件を受注する方法はクラウドソーシングだけではありません。

そこで今回は、Web制作の初案件を獲得する様々な方法をご紹介いたします。

本記事の内容
  • Web制作案件を獲得する方法
  • 初案件までに準備しておくこと

この記事を書いている私は、現役のWeb制作フリーランスです。

本記事の信憑性

あきはる ココナラ
  • Web制作歴1年以上の現役フリーランス
  • 未経験からWeb制作フリーランス独立
  • 案件実績50件以上

今回の記事を読んでいただくことで、Web制作の案件獲得方法がわかります。

それでは、始めていきます。

「Web制作の学習手順が知りたい!」という方は、『Web制作学習ロードマップ』をご覧ください。

Web制作の案件は主に2パターン

Web制作の案件は主に2パターン

まず、Web制作の案件パターンを理解する必要があります。

Web制作案件には、主に2パターンあります。

2種類のWeb制作案件パターン

  1. 元請け案件
  2. 下請け案件

簡単に解説します。

①元請け案件

『元請け案件』とは、大元の依頼主から直接案件を受注することです。

【例】ラーメン屋から直接ホームページ作成案件を受注。

要は、Webサイトを求めている人から直接ご依頼を受けることを『元請け案件』といいます。

元請け案件の特徴

  1. 幅広い案件を受けやすい
    →HP作成やLP作成、広告運用など案件が多い
  2. 高い利益率の案件が受注できる
    →お客さんとの間に業者がいないため、利益が減らない
  3. 紹介案件をもらいやすい
    →お客さんの知り合いの経営者に紹介してもらえたりする

こちらの『元請け案件』の場合はコーディングやデザイン、ディレクションまで全て行う必要があります。

1人で行うか、外注化するかは人それぞれですね。

私の場合は、ノーコードやWordpressのテーマを利用して1人で作成しています。

参考の記事を貼っておきます。

②下請け案件

次に、『下請け案件』とは、Web制作会社やエージェントなど、仲介業者からお仕事を受注することです。

【例】Web制作会社からHTML/CSSコーディング案件を受注。

このような、仲介業者から仕事を受けることを『下請け案件』といいます。

下請け案件の特徴

  1. 信頼されると案件を受けやすい
    →良い下請け業者を求めている
  2. 収入が安定しやすい
    →仲介業者(元請け)は案件をたくさん持っている
  3. 1つのスキルでも案件を受けやすい
    →部分的な仕事を外注されるパターンが多い

下請け案件の場合は、コーディングやWebデザインなど、1つのスキルだけでも受注しやすい傾向にあります。

補足:『元請け案件』or『下請け案件』はどっちが良い?

では、『元請け案件』と『下請け案件』はどちらが良いのか?

結論、どちらでも良いです。

ご自身のスキル感や状況、タイプによって好きな方に営業をすればOKです。

個人的には、『元請け案件』がおすすめです。

『元請け案件の進め方』はこちらの別記事で解説しています。

では、次から具体的な案件獲得方法を紹介します。

Web制作の初案件を獲得する方法

Web制作の初案件を獲得する方法

それでは案件獲得方法を紹介します。

Web制作の案件獲得方法は、主に下記が挙げられます。

Web制作の案件獲得方法

  • 知り合い/友人に声をかける
  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • SNS/ブログを活用する
  • Web制作会社に営業をする
  • エージェントを利用する
  • 営業パートナーを見つける

順に解説していきます。

知り合い/友人に声をかける【元請け】

1つ目は、『知り合いの経営者や、友人にひたすら声をかけて案件を獲得する』です。

泥臭い営業ですが、意外と案件が受注できたりします。

「ホームページが作れるんだけど、必要ない〜?」

というように、知り合いにLINEを送りましょう。

私も過去、学生時代のバイト先の飲食店のホームページを10万円以上で作らせてもらいました。

誰しも1人くらいは、ホームページを求めている人が知り合いにいるはずです。

クラウドソーシングサイトを利用する【元請け・下請け】

引用:CrowdWorks【クラウドワークス】

定番の、クラウドソーシングサイトです。

こちらは「元請け案件」と「下請け案件」、両方とも案件が多い印象です。

確かに競合が多いため受注できないと思われがちですが、実はそうでもないです。

案件数が多いので、コツコツ提案すれば必ず受注できます。

実際に、私はココナラで実績0から既に60件以上受注しており、クラウドワークスでも既に数件の受注があります。

おすすめのクラウドソーシングをご案内いたします。

これらは最低でもすべて登録しておきましょう。

人気クラウドソーシング

参考記事

SNS/ブログを活用する【元請け・下請け】

SNSやブログなどのメディア経由で案件を獲得する方法です。

難易度が高そうですが、実は下請け案件なら割と受注しやすいです。

SNS経由で受注するステップ

  1. Twitterで学習状況を発信
  2. 実績サイト(ポートフォリオ)を公開
  3. (可能ならブログも2,3記事ほど書いておく)
  4. フォロワー1,000人以上のWeb制作の人に営業DMを送る

上記の流れで受注できます。

その場合はこんな趣旨の営業DMを送ってみると良いです。

はじめまして、私はHTML/CSSコーディングができます。スキルはこんな感じです。(実績サイト…ジャーン!)コーディング案件を振ってくれたら即納品します!

フォロワー1,000人くらいの人は、Web制作で実績があるためにフォロワーが増えた人です。

つまり、案件をたくさん抱えていて、下請けパートナーを探しているという可能性があります。

うまくいけば、継続的に案件を振ってもらえます。

多くの人がやってないことなので、めちゃくちゃチャンスですね。

Twitterでフォロワーを獲得するには、こちらの記事を参考にしてください。

補足:ブログを書くメリット

ブログも何記事か書いてあると、ブログ経由で案件の相談がきたりします。

さらに、ブログでSEOの知識を身につければ、【SEOコンサル】の提案もできます。

なので余裕があれば、コツコツとブログを書いてみるのもありです。

Web制作会社に営業をする【下請け】

Web制作会社へ営業をして案件を獲得する方法です。

方法は非常にシンプルです。

Googleで下記のキーワード検索をして、出てきた会社に応募しましょう。

「地域(例:名古屋、大阪など)」 「Web制作」 「パートナー募集」

結構たくさん出てくるので、案件は取りやすいです。

もし、案件数が少なければ、Web幹事などで制作会社をピックアップして、会社のお問い合わせフォームから営業してみましょう。

いずれにしても、スキルがあれば案件を取るのは難しくないです。

エージェントを利用する【下請け】

エージェントに登録して案件を獲得する方法です。

登録さえしておけば、案件を紹介してくれるので楽ですね。

そのため、営業が苦手な方にはかなりおすすめです。

人気なエージェントは下記です。

案件情報を無料でゲットできるので、今のうちに登録しておきましょう。

人気のエージェント

営業パートナーを見つける【下請け】

営業パートナーを見つけて案件を振ってもらう方法です。

Web制作の営業だけを専門に行なっている人もいたりします。

その営業パートナーを見つけて、案件を振ってもらいましょう。

パートナーを見つけるには、やはりTwitterですね。

コツコツと発信をしつつ、募集をかけると見つかります。

初案件獲得に向けてやるべきこと

初案件獲得に向けてやるべきこと

それでは、Web制作の初案件を獲得するためにやるべきことを解説します。

主に5つピックアップしました、こちらです。

Web制作の初案件に向けてやるべきこと

  1. スキルを身につける
  2. 営業用の実績サイトを作成する
  3. ひたすら営業する
  4. 不安なら誰かに頼る
  5. 案件状況を常に確認する

こちらも順に解説いたします。

①スキルを身につける

まずは、スキルを身につけましょう。

当然ですが、スキルを身につけることが最優先です。

Web制作の学習教材をいくつかお伝えするので、自分にマッチしそうなものを選びましょう。

Web制作学習教材

参考記事

②営業用の実績サイトを作成する

営業用の実績サイト(ポートフォリオ)を作りましょう。

ポートフォリオとは下記のような、実績紹介サイトです。

ただ、『元請け案件』であれば、ポートフォリオがなくても受注できたりします。

【元請け案件】サンプルのホームページを1つ作り、それを実績として営業すればOK

実際に、私はポートフォリは作らずに、サンプルのホームページを実績として提案しています。

③ひたすら営業する

スキルと実績サイトの準備が完了すれば、あとはひたすら営業するだけです。

既に紹介した方法で、ガンガン営業しましょう。

④不安なら誰かに頼る

もし案件の対応に不安があれば、学習や案件のサポートを受けるのもありです。

メンターサポートを行なっているところに相談に行ってみましょう。

メンターサポート

⑤案件状況を常に確認する

クラウドソーシングやエージェントの案件を、常にチェックしておきましょう。

登録をしていないだけで、かなりの案件を取りこぼしています。

忘れないうちに、登録しておきましょう。

人気クラウドソーシング

おすすめエージェント

まとめ:継続が大切

まとめ Web制作フリーランス、初案件の獲得方法は?

初案件の獲得は、最初は難しいと感じるかもしれません。

ただ、営業活動を継続していれば、いつか必ず受注できます。

なので、諦めずに継続して行動していきましょう。

以下の記事も参考になると思います。

関連記事:こちらの記事も読まれています。

Twitterでも発信をしているので、ぜひチェックしてください。

Twitterはこちら→あきはる

最後のまで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

あきはる

『完全未経験から月20万円稼げるフリーランスを増やす!』をテーマに発信しています。大学卒業→営業職→未経験からWebフリーランス→Twitterフォロワー7,000人以上|ブログ月間1.2万PV。『フリーランス教室』の編集長です。

-Web制作