Web制作

未経験からWeb制作フリーランスにはなることは可能?【結論:可能です】

Web制作フリーランスを目指している方へ

どうも。あきはる(@akiharu_0309)です。

悩む人
未経験からいきなりWeb制作フリーランスになれるかな…?未経験からWeb制作フリーランスになる手順が知りたい。

こんな疑問に答えます。

「会社に勤めずに、Web制作フリーランスになりたい!けど…そもそも未経験からフリーランスは現実的に行けるかなぁ?」と思っていませんか?

ご安心ください!

Web制作をしっかりと学習すれば、未経験からでもフリーランスになることは可能です。

そこで、本記事では未経験からいきなりWeb制作フリーランスになる方法をご紹介いたします。

本記事のテーマ

未経験からWeb制作を学習してフリーランスになる方法

この記事を書いている私は、未経験から独立した現役のWeb制作フリーランスです。

本記事の信憑性

あきはる ココナラ
  • Web制作歴1年以上
  • 未経験からWeb制作フリーランス独立

今回の記事を読んでいただくことで、未経験からWeb制作フリーランスになる方法がわかります。

それでは、始めていきます。

「Web制作の学習手順が知りたい!」という方は、『Web制作学習ロードマップ』をご覧ください。

「Web制作案件の獲得方法が知りたい!」という方は、『Web制作フリーランス、初案件の獲得方法は?』をご覧ください。

未経験からWeb制作フリーランスにはなることは可能?【結論:可能です】

未経験からWeb制作フリーランスにはなることは可能?【結論:可能です】

いきなり結論ですが、未経験からWeb制作フリーランスになることは可能です。

理由は、下記3点です。

未経験者がフリーランスになれる理由

  1. Web制作スキルは難易度は低い
    →学習すれば誰でもできる(中学生以上)
  2. 学習環境が充実してる
    →スクールや教材が充実している(ネットがある時点で解決)
  3. 需要があるから仕事が受けやすい
    →Web周りの需要は安定(増加)しているので常に案件がある

実際に、私は現役のWeb制作フリーランスですが、未経験から学習した経緯があります。

元々、Webの知識があったわけではなく、0から学習していきなりWeb制作フリーランスになりました。

参考記事

そもそも、フリーランスは意外と多い

そもそも、Web制作に限らずフリーランスの人口は意外と多いです。

日本のフリーランス人口は労働人口の約24%

ランサーズ、『フリーランス実態調査 2021』を発表

つまり、『10人に2人以上がフリーランス』なのです。

実際、私の周りにもフリーランスの人はたくさんいます。

私の周りでは、こんな感覚です。

フリーランスで当たり前、会社員は珍しい

そのくらい、フリーランスというのは社会に浸透してきています。

「フリーランスは変わり者だ!」のような価値観はもはや全くありません。

これからの時代、『会社に頼らない働き方』が大事

これからは会社に頼っているだけでは大変な時代です。

大手企業の大量リストラなどをみると、"会社員は安泰"という価値観ではいられなくなります。

実際、私が会社員のころ、出世コースを外れた40~60代がリストラにおびえながら、会社にしがみつく姿を間近で見てきました。

なので、現在会社員の方でも『フリーランスという選択肢』を持っておくべきだと、思います。

それでは次に、未経験からWeb制作フリーランスになる手順を解説します。

未経験からWeb制作フリーランスになる手順

未経験からWeb制作フリーランスになる手順

未経験からWeb制作フリーランスになる手順は下記の3ステップです。

Web制作フリーランスになる手順

  1. Web制作のスキルを身につける
  2. 営業用Webサイトを1つ作る
  3. 営業を行い、案件を受注する

順に解説していきます。

①Web制作のスキルを身につける

まずは、Webサイトを作るスキルを身につける必要があります。

Web制作を行う上で、必須のスキルは下記の通り。

Web制作の必須スキル3選

  1. HTML/CSS
  2. Webデザイン基礎
  3. WordPress

これらのスキルを身につける上で、下記の学習教材を参考にしてください。

Web制作の学習教材まとめ

独学がきびしいと感じる方は、プログラミングスクールを検討しましょう。

プログラミングスクールに行くのもあり

未経験から効率よくWeb制作スキルを習得するには、プログラミングスクールに行くのもありです。

実際、私も最初は『侍エンジニア塾』というプログラミングスクールで学習しました。

おすすめプログラミングスクール

ぶっちゃけ、、『完全独学』はあまりおすすめできません。

なぜなら、挫折する可能性が極めて高いからです。

上記のスクールのハードルが高い方は、比較的安価に学べる『デイトラ』のコースがおすすめです。

デイトラコース一覧

こちらの記事も、ぜひ参考にしてください。

Web制作の独学方法も以下の記事で解説しました。

②営業用Webサイトを1つ作る

Web制作のスキルを身につけたら、営業用のサンプルホームページ(Webサイト)を1つか2つほど作りましょう。

これは「案件を受注するための実績サイト」という認識です。

なぜ、サンプルのWebサイトを作るかというと、案件の受注確率が上がるからです。

1点、例をあげます。

【例】AとB、どちらに依頼しますか?

  • Aさん → 「Webサイト作れます!」と必死に伝えてアピール
  • Bさん → 過去に制作したWebサイトを見せながら提案

絶対にBさんですよね。

百聞は一見に如かず

つまり、案件を受注するには実績サイトが重要なのです。

サンプルサイトを1つでも作れば、それは立派な実績になります。

③営業を行い、案件を受注する

サンプルのホームページ(実績サイト)を作ることができたら、案件受注に向けて営業しましょう。

案件獲得方法はたくさんありますが、基本は下記です。

案件を獲得する手段
  • 直営業
    →知ってる会社、調べた会社にひたすら営業メールを送りましょう。
  • SNS経由
    →SNSでWebサイトが欲しそうな人にDMを送ってみると良いかと。
  • 知り合い経由
    →友人や知り合いの経営者に連絡をとってみましょう。
  • クラウドソーシングサイト
    →【クラウドワークス・ランサーズ・ココナラ】あたりで提案してみましょう。

案件の獲得方法に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

最も手軽な手段はクラウドソーシングです。

最低限、以下のクラウドソーシングのうち、1つだけでも登録しておきましょう。

人気クラウドソーシング

また、以下の記事も、ぜひ参考にしてください。

参考記事

補足:『信頼』を積み上げて、継続案件を獲得する

案件を受注したら『信頼』を積み上げて、継続案件を狙いましょう。

フリーランスの場合、新規案件だけでは収入が安定しづらいです。

そのため、案件を下さったお客さんに信頼をしてもらい、継続案件を獲得できるように心がけましょう。

安定して継続案件が獲得できると、収入も安定してきます。

まとめ:「今日から」ではなく、「今から」はじめよう

「今日から」ではなく、「今から」はじめよう

大前提として、行動しなければWeb制作フリーランスにはなれません。

「今日から」ではなく、「今から」はじめよう

基本的に、人は後回しにしがちです。

そのため、後回しにしたらそのまま何もやらずに終わります。

やると決めたら、「今から」はじめましょう。

最初の方は、あまりうまく行かないこともあると思いますが、ぜひ挑戦してみてください。

以下の記事も参考になると思います。

関連記事:こちらの記事も読まれています。

 

Twitterでも発信をしているので、ぜひチェックしてください。

Twitterはこちら→あきはる

最後のまで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

あきはる

『完全未経験から月20万円稼げるフリーランスを増やす!』をテーマに発信しています。大学卒業→営業職→未経験からWebフリーランス→Twitterフォロワー7,000人以上|ブログ月間1.2万PV。『フリーランス教室』の編集長です。

-Web制作